>  >  > 堂本光一、高級車への“マニアぶり”

『光ちゃん、これやってみない?』第5回

堂本光一、高級車への“マニアぶり”を熱弁 V6 坂本昌行との思い出話も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月8日からスタートした堂本光一出演の新番組『光ちゃん、これやってみない?』(GYAO!)。コンセプトは光一とスタッフが「どんな番組企画を作ろうか」を考え、とりあえず「やってみる」というもの。

 第5回目は「車」前編。車好きとして知られる堂本光一が、高級スポーツカーを扱う外車専門店を訪れ、ポルシェやフェラーリなどの高級車を見て回った。

 番組冒頭、スタッフから「高級車をたくさん用意してるので色々乗ってもらって、買っちゃうかもしれない」と言われると「いや、買いはしないなー」と光一。「長瀬(智也)なんかは『また変えたの?』なんて話をすることあるけど、俺は全然変えないの。これいいやと思ったものに対してはずっと所有してる」と車に対して一途な面をのぞかせた。これまでに所有した車は、およそ20年間で5台。現在は2台所有しているという。

 「ずっとフェラーリ?」とスタッフの質問に、「ううん。あれやっぱり疲れるのよフェラーリって。行く場所も選ぶし、段差に弱いし」と明かし、「あんまり人を乗せるの好きじゃない」と光一。「発進にせよ、ブレーキにせよ。頭振られないようにとか気を使っちゃう」との気遣いに、スタッフが「優しい」としみじみとコメントしていた。

 一行が向かったのは、高級外車を扱う専門店。まずはポルシェの「Panamera」(1,680万円/撮影時)が紹介された。すかさず光一が「これもね、賛否両論あった車でね。やっぱりポルシェ好きからしたら何4ドア作っとんねんっていうね」と車にまつわるエピソードを披露。

 車をフロントから回り込んで眺め、後方のタイヤのところでしゃがみ込んだ光一。「もうね、俺ねタイヤ見てるだけでワクワクしちゃう」とタイヤを眺め、「車買うとき、必ずタイヤ何履けます? って聞く。元々ついてるタイヤ何ですか? って聞いちゃう」と車好きぶりを発揮する。運転席に座ってエンジンをかけると「素晴らしい」と一言。アクセルを踏んで、「こんなスムーズになったのポルシェって! ポルシェっぽくないな」と驚いていた。

 光一は「いやらしい話なんだけど……」と切り出し、「一番最初に乗ったのはポルシェなの。っていうのはずっとフェラーリ好きだったんだけど、いきなりフェラーリってやらしいな……」と愛車遍歴を明かすと、スタッフからは「いやポルシェもやらしいと思う」とツッコミが入った。

 さらに光一の“車愛”は止まらず、「ポルシェの方が男くささがある。その時、乗ってたのが(ポルシェ)993のやつだったのよ。空冷(エンジン)だったのね。だから空冷は知ってるんだけど、水冷になってからのポルシェ知らないのよ俺」とまたしてもマニアックな顔をのぞかせた。また、エンジンルームを見せてもらうと「世の中、(ガソリンではなく)電気になっていってるじゃない。もちろん、環境を考えると良いかもしれないけどさ、あの呼吸が感じられないじゃない。(車にとって)心臓じゃない、エンジンって。だから同じなの、生き物なの!」と熱く語りだした。

      

「堂本光一、高級車への“マニアぶり”を熱弁 V6 坂本昌行との思い出話も」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版