>  > 須田&惣田が語る、SKE48の成長

23rdシングル『いきなりパンチライン』インタビュー

SKE48 須田亜香里&惣田紗莉渚が語る、グループの成長に必要なもの「今はチャレンジすべき時期」

関連タグ
SKE48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SKE48が、23枚目にして10周年イヤー第2弾シングル『いきなりパンチライン』を7月4日にリリースする。

 6月16日に名古屋ドームで開催された『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』にて、松井珠理奈、須田亜香里がそれぞれ1位と2位に輝き、注目の的となったSKE48。グループは今年から10周年イヤーに突入し、同シングル表題曲の情熱的なパフォーマンスからも、現在のSKE48が持つ勢いが伝わってくるようだ。

 リアルサウンドでは、SKE48の須田亜香里と惣田紗莉渚にインタビュー。『いきなりパンチライン』収録曲の制作エピソードをはじめ、10周年に対する意気込みやグループの成長について語ってもらった。(編集部)【最終ページにプレゼント応募あり】

・あわせて読みたい
SKE48 大場美奈が語る、総選挙8位&初選抜入りの喜び
SKE48 鎌田菜月&熊崎晴香が考える、“先輩としてのあり方”

惣田 「若いメンバーもセンターを狙える」

ーー新シングルの表題曲「いきなりパンチライン」は、最近の路線からすると意外だな、という印象を受けました。

須田亜香里(以下、須田):夏に出るシングルということで、“ザ・SKE48の王道夏ソング!”みたいなのを想像してたんですけど、意外にものすごく情熱的な感じで。初めて聴いたときに「またいつもと違う自分たちを見せれるんだ」とワクワクしました。

惣田紗莉渚(以下、惣田):これまでSKE48は爽やかな夏曲が多かったですし、昨年の夏曲は可愛い「意外にマンゴー」だったんですが、今回は10周年を迎えるSKE48の“燃える夏”を感じてもらえる曲になっていると思います。

ーー惣田さんの話にもありましたが、最近のシングルは小畑優奈さんをセンターに据えていて、見ている側としては世代交代を打ち出しているのかなと思ったら、ここにきて松井珠理奈さんがセンターに返り咲きました。10周年の真ん中の時期ですごく大切なタイミングだったから、あらためて“今のSKE48とは?”みたいなものを打ち出したかったのかなと感じたのですが。

惣田:楽曲としても珠理奈さんのセンターが本当に似合う曲だと思いますし、MV撮影などで一緒に踊っていると、珠理奈さんから出るオーラがすごくて。これからもっと踊る回数を重ねていって、珠理奈さんに負けないくらい全員が情熱的な気持ちを出せたら、グループとしても成長できるような気がします。センターに関しては、ゆなな(小畑)を含め色んな人がセンターをやることで、みんなにチャンスがあると感じているので、若いメンバーも含め、遠慮せずにどんどん真ん中を狙えるグループになっていると思います。

須田:この曲ってこれまでのSKE48っぽくないからこそ、「SKE48、こんなこともやるんだ!」と気になってもらえるきっかけになるのかなと思っていて。いまのSKE48は、爽やかな曲もこういう情熱的な曲も自分たちらしく見えるグループになっているからこそ、どんどん様々な色に染まって、より応援してくれる仲間を増やしていける状態なんですよ。だからこそ、もっと上に行くために、新しい魅力に気づいてくれる人たちにどれだけ出会えるかが大事なので、こういうチャレンジをすべき時期なのかも。

2018/7/4 on sale SKE48 23rd.Single「いきなりパンチライン」MV full

ーーチャレンジといえば、今回MVで見せているダンスはかなり激しめですよね。

惣田:ダンスもそうですし、MV撮影ではステージがひし形だったので、フォーメーションも結構難しかったです。

須田:自分がどこに立ってるのかわからなくなっちゃって、振付師のえんどぅさんに何回も「列が汚い!」って怒られました……。

ーーやっぱりひし形のステージだと、ポジションの番号が取りにくかったたりするんですか?

須田:めちゃくちゃ取りにくいです。自分が思ってる番号に立ってるはずなのにズレてたりとか。振り付け自体は難しいっていうより繊細なんですけど、細かい音まで全部動きがハマっているので、踊っていてすごく気持ちよかったです。ダンスシーンはMV撮影当日の朝に振り入れをすることが多かったんですけど、今回はダンスシーンを撮る二日前には振りが入っている状態で。撮影も時間をかけてできましたし、ダンサーさんやエキストラさんがプロ意識を持ってやってくださっているので、良い刺激を受けながら踊れました。

惣田:今回の振り付けでは、久しぶりに先生に怒られるという経験をしたんです。でも、「今言ったこと、二度と言わないからちゃんとやって!」と檄を飛ばしてくれたり、集中力も切れないまま続いたので、全体的にも気が引き締まって良かったと思います。

須田「改めてSKE48のダンスを突き詰めた」

ーーその緊張感があったからか、ダンス自体のカッコよさが全面に出たMVになっています。SKE48が初期の頃から大事にしていた“汗をかく”魅力のようなものが改めて強調されている気もしました。

須田:少し前にガイシホールでのコンサートをやらせてもらって、改めて自分たちで「SKE48はダンスが魅力だ」ということを推していくべきじゃないか、とメンバー全員が思っていたので嬉しいです。

ーーMCでも「SKE48はダンスが売りだったのに、姉妹グループが増えて、『自分たちといえば』を見失いがちだったけど、本当に自分たちの記憶力と体の限界を超えながら、今日まで来れたことがとっても幸せ」と話していましたもんね。

須田:最近ダンスを推してる姉妹グループやライバルグループが多くなってきたことで、自信を持ってダンスが売りだと言えなくなった時期もあったんですけど、ガイシホール前のレッスンで、改めてそれを言ってもいいと思えるくらい突き詰めたのは大きかったです。

ーーその自信の表れなのか、今回の衣装はこれまでにないくらい“情熱的”に真っ赤な色味です。衣装の形は3パターンあって、センターの珠理奈さんがジャケパンスタイル、お二人含むフロントメンバーがジャケットとスカートの組み合わせで、それ以外のメンバーがワンピースなんですね。

惣田:そうなんです。私はこれまで二列目の端をキープしてたので、今回のシングルで初めて一列目で歌わせていただけて嬉しいです。なのでめちゃくちゃ気合いが入ってるんですよ。衣装もこの色だからこそ、全員で踊ってたら目を引くとは思いますし、ちょっとバブリーだけどその感じがある意味新鮮かなと。

ーーこの1〜2年でまたバブリーな衣装が一周回ってキテる感じはありますよね。

須田:そう思います! 最初は肩パッドがすごくて、撮影のときにみんなの肩が怒ってたのが面白かったです(笑)。ちなみに、MVの撮影以降は肩パッドを抜いてもらってるんですよ。

ーーなるほど。MVもメイキング含めて拝見しましたが、ポールダンサーやエアリアルのパフォーマー、ホーン隊まで入っていて、迫力のある画になっていました。

惣田:エキストラの方が100人くらい、ステージの周りを取り囲んでくださっていたので、常に誰かから見られてるという状況だったので、カットがかかった時も「かっこいい自分でいなきゃ」と意識するのが大変でした(笑)。

須田:オンオフのある人だからね(笑)。

惣田:家に帰ったらずっと寝てる、みたいなタイプなので(笑)。MVの見どころといえば、とにかく髪を振り乱してるところも見てほしいです。下を向いて上にパッと顔上げるシーンでは、えんどぅさんに「勢いよくいかないと髪が元に戻らないよ!」と言われたりしながら撮影していました。

左から惣田紗莉渚、須田亜香里

ーー視覚的には勢いが出るというか、ダイナミックな感じに映りますもんね。曲名が「いきなりパンチライン」というくらいなので、歌詞についても伺いたいんですが、とにかくサビ頭がキャッチーという印象です。

須田:つい口ずさんじゃいますよね。この曲名、すごく面白いんですけどみんなで「略称どうしよう……」と思っているところもあって。ファンの方からしっくりくるものをいただけることが多いので、いまはとにかくそれを待っています(笑)。

ーー全体的に言葉数は少なめですよね。

須田:それくらい〈パンチライン〉の比重が大きいんですけど、AメロBメロはすごくカッコ良さとセクシーさを強調しているので、そのギャップにも注目してほしいです。

ーーあと、2人は今回シンメのポジションですが、表題曲でこの組み合わせは初めてですよね?

須田:そうなんです。一番と二番のAメロ後半を2人で歌ってて。

惣田:あと、ペアダンスもあるんですよ。フラメンコみたいな踊りがあるんですけど、2人ともバレエをやってたので「他のペアより絶対綺麗だよ」って自信をつけ合いながら踊ってましたし、須田さんが引っ張ってくれて助かりました。

須田:結構カウントを取るのが難しかったんですけど、「ここが一番きれいだから頑張ってやってカメラに映ろうぜ」と言いながら踊ってました(笑)。

      

「SKE48 須田亜香里&惣田紗莉渚が語る、グループの成長に必要なもの「今はチャレンジすべき時期」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版