V6 坂本、Sexy Zone 菊池、King & Prince 平野……歌声がセクシーなジャニーズメンバー

King & Prince 平野紫耀

 ジャニーズJr.時代から、多くのソロ曲を歌ってきたKing & Prince・平野紫耀。ハスキーな声が特徴で、『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)ではKis-My-Ft2の「Black & White」や菊池風磨の「rouge」などクールな曲を披露してきた。だが、他のメンバーと一緒に歌う時は声色がガラリと変わる。例えば、『ザ少年倶楽部』で神宮寺勇太と歌った中山優馬の「交差点」。いつもより明るいトーンで歌唱し、“ピュア系ボイス”の神宮寺と声質がピッタリ合っていた。デビューシングル「シンデレラガール」もそうだ。曲のキーが高めということもあるが、全員でユニゾンする部分は王道のアイドルらしいポップな歌い方、ソロパートは平野独特のハスキーな声を活かした歌い方、と両方の魅力を楽しむことができる。自在に歌声を操る平野。今後のシングルにも期待が高まる。

 セクシーな歌声のジャニーズメンバーたちは、総じて歌唱力が高く、グループの楽曲を支えるキーパーソンとも言えるだろう。ソロ曲も含め、彼らの歌声に注目して曲を聴いてみるのも面白いかもしれない。

(文=高橋梓)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる