>  >  > SixTONESの個性とグループの特徴は?

SixTONES ジェシー『家政夫のミタゾノ』出演へ メンバーの個性とグループの特徴を改めて解説

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月20日、強烈なビジュアルのTOKIO・松岡昌宏が大活躍するドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)が、1年半ぶりに帰ってくる。『家政夫のミタゾノ』は、松岡演じる家政夫の三田園薫が派遣された家庭の汚れ(=問題)を次々にキレイにしていく痛快なヒューマンドラマ。三田園は、掃除・洗濯・料理・子守など何でもこなせるスーパー家政夫だが、いかんせん女装して無表情のために何を考えているか分からない。しかも、派遣された家庭の内情をのぞき見して、家庭崩壊させてしまうのが趣味という捉えどころのないキャラクターだ。しかし、最終的には各家族とも再スタートを切ることができる心温まる部分も多く含まれており、人気を博した。

 そんな『家政夫のミタゾノ』第2シーズンの第1話に、ジャニーズJr.内の人気グループ、SixTONESのジェシーが出演することが決定し、話題になっている。そこで今回は、SixTONESについて改めて振り返ってみたい。

 SixTONESは、ドラマ『私立バカレア高校』(日本テレビ系)に出演していた高地優吾、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎の6人からなるグループ。もともと『私立バカレア高校』で共演していた6人だが、正式に結成されたのは『ジャニーズ銀座 2015』でのこと。デビューへの期待も高く、オリジナル曲が多々あり、舞台やコンサートも頻繁に行なっているグループだ。

 最近では『ジャニーズJr.祭り 2018』で単独公演を行なったり、公式YouTubeチャンネル『ジャニーズJr.チャンネル』でかなりの再生数を叩き出したり、とにかく人気がすごい。『ジャニーズJr.祭り 2018』で披露されたオリジナル曲「Jungle」の動画は、4月3日のアップ以来73万回以上(4月19日現在)再生されているほど。個々の活動もさることながら、グループとして集まった時のエンターテインメント性の高さも抜群だ。かっこよさ、かわいさ、笑い、感動……すべて味わえるのがいい。5月23日にCDデビューが決まっているKing & Princeを「一体感がある王道ジャニーズグループ」とするなら、SixTONESは「強い個性が束になって一つの武器なっているグループ」と言えよう。

      

「SixTONES ジェシー『家政夫のミタゾノ』出演へ メンバーの個性とグループの特徴を改めて解説」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版