超特急、『a kind of love』でエンタメ集団としての実力発揮! 収録曲のサウンドを解説

 もう1曲のカップリング曲である「Feel the light」は、A-dreamとDr.SWINGが作詞作曲編曲を担当。A-dreamとDr.SWINGは、赤西仁にも楽曲提供をしています。

 R&Bナンバーの「Feel the light」では、ボイスの挿入の仕方やコーラスの配し方など、繊細なサウンドプロダクションが光ります。サウンドにおける静と動の対比も鮮やかで、ボーカリストとしてのタカシの魅力がもっとも発揮されている楽曲です。

 そして、FC限定盤のカップリング曲が「SAY NO」。作詞作曲はチップチューンで活躍するヒゲドライバー、編曲はジャニーズ関連楽曲も手掛けるcorin.です。

 「SAY NO」が他の楽曲と異なるのは、圧倒的な勢いの良さ。ボーカルとコーラスといった肉声が飛び交い、展開の激しさにも驚かされました。ファンクラブ向けならではのにぎやかさで、超特急の魅力を語るうえで重要な楽曲なのではないかと感じさせられます。

 楽曲とサウンドをしっかり固めることで、ライブでエンターテインメントを繰り広げるための下地をしっかり固めているのが『a kind of love』の収録曲群。それゆえにCD単体でも充分に楽しめるのです。

■宗像明将
1972年生まれ。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」などで、はっぴいえんど以降の日本のロックやポップス、ビーチ・ボーイズの流れをくむ欧米のロックやポップス、ワールドミュージックや民俗音楽について執筆する音楽評論家。近年は時流に押され、趣味の範囲にしておきたかったアイドルに関しての原稿執筆も多い。Twitter

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!