iri、シンガーソングライターとしての多彩さ 初の全国ツアー東京公演レポート

iri、シンガーソングライターとしての多彩さ 初の全国ツアー東京公演レポート

 iriが3月20日、ライブツアー『iri 1st Tour 2018』の東京公演をLIQUIDROOMにて開催した。

 2月28日にリリースした2ndアルバム『Juice』を携え、全国5カ所で巡った同ツアー。同作には<Tokyo Recordings>、WONK、高橋海(LUCKY TAPES)、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)、ESME MORI(Pistachio Studio)、TOSHIKI HAYASHI(%C)といった新進気鋭のアーティストやサウンドプロデューサーが参加。今回初めての全国ツアーであるにも関わらず全公演ソールドアウトするなど、新世代アーティストとして業界内外から高い注目を集めている。

 オープニングアクトを務めたLicaxxxのDJセットが終わると、サポートメンバーのGeorge(Key/MOP of HEAD)、荒田洸(Dr/WONK)、TAAR(DJ)に続く形でiriが登場。ライブは『Juice』のオープニングナンバー「Keepin’」からスタートした。

 「Slowly Drive」、「Corner」と『Juice』の収録曲を続け、ライブ序盤からフロアに心地良い一体感を生み出していたiri。HIPHOP、R&B、ビートミュージックといったジャンルを横断し、多彩なアーティストと共に手掛けた楽曲群はどこを取っても完成度が高い。その上で時代の匂いを敏感に感じ取り、しっかりとキャッチーな作品に仕上げているバランス感覚も彼女が高く評価される理由のひとつだろう。

 MCを挟み「Wandering」を披露した後、iriがアコースティックギターを爪弾きながら歌う「ナイトグルーヴ」へ。ミドルテンポの曲でフロアをじわじわ温めてから、ケンモチヒデフミによる力強いビート感が冴え渡る「Watashi」と「For life」を間髪入れずに繋ぐことで会場は一気にクラブのような空間へと様変わりした。

 iriは滑らかなフロウでメロディを紡いでいくラップスキルをはじめ、時折見せる感情が滲み出るようなソウルフルなアプローチなど、毛色の違うビートを自由自在に乗りこなしていく。やはり曲の中心にあるのは彼女の歌声であり、そこに魅了されたアーティストたちが作る、妥協を微塵も感じさせないトラックの数々が、彼女のボーカリストとしての魅力を裏付けているように感じた。

 ライブ中盤からは、ランダムにビートが展開する「無理相反」、メランコリックなトラックとボーカルが絡み合う「Telephone feat. 5lack」、yahyelの篠田ミル(Sampling/Cho)が参加した「your answer」と続け、メロウな空間を演出。「会いたいわ」では再びギターを爪弾き、ストレートなラブバラードをしっとりと歌い上げた。

 WONKが参加した「Dramatic Love」は、これまでの打ち込みから一転、生バンド感が強調されたナンバー。ネオソウルなアレンジが施された曲をスモーキーな声で艶やかに歌いあげ、最後は『Juice』のラストを飾る「Mellow Light」で本編を締めくくった。

 楽曲のバリエーションが増えたことによって、シンガーソングライターとしての多彩さがより一層浮き彫りになった同公演。話すのが苦手という理由からMCはほとんどなかったが、着飾ろうとせず自然体で音楽やファンと向き合えることが彼女の魅力なのだろう。

 アンコールで登場したiriは、ギターの弾き語りで「brother」を歌唱。アコースティックギターの優しい音色と歌声の余韻を残しながら、ライブは幕を閉じた。

(文=泉夏音/写真=田中聖太郎)

オフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる