>  > Sonar Pocket、ラブソングの進化

28thシングル『108~永遠~』リリースインタビュー

Sonar Pocketが歌い続けてきた“ラブソング”の進化 「自分から出る言葉を大事に」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「2人の努力や試行錯誤する姿勢も伝わる」(matty)

ーー今年デビュー10周年を迎えるということで、まず昨年11月に日本武道館公演が2デイズありました。振り返ってみてどういうライブでしたか?

eyeron:11日はmattyの誕生日だったので、うまくいく色々な意味でドキドキでした(笑)。

matty

matty:そうだね(笑)。僕はただ、ありがたかったですね。まさか舞台上で祝ってもらえるとは思わなかった。サプライズの直前、何が起こるんだっていう表情をしてたと思います(笑)

ーー(笑)。演出面でもこったパフォーマンスになっていましたね。

Ko-dai:演出家の加藤さんという方と相談して、武道館ならではのことができないかと話す中で、天井に近づけますよ、とご提案いただきました(笑)。地面から9mほどのリフトアップをして、怖かったです。乗るところが狭いし、揺れるし(笑)。でもファンの方に喜んでもらえるので怖がっている顔をしたらダメだなって。

ーートロッコで後ろまで行ったり、2階席にも近づいたりと、ファンみんなを楽しませようとする気持ちが伝わってきました。

ko-dai:ファンのみんなの近くにいくっていうのは、Sonar Pocketのライブで大事にしていることですね。客席から登場したり、近くを走ったりして、距離感を感じさせないライブを心がけています。今回の武道館では、ファンから楽曲にまつわるエピソードを募集したんですが、今回5年ぶりの武道館ということで、一緒にライブを作っていきたいなと思ったんです。2016年の10月に僕が病気になって入院して活動が止まってしまったので、そういった面も含めて今回の『Reroad』ツアーは、3人でもう1回ステージに立てる、3人で全国を回れるっていうことを、3人だけで伝えに行こうっていうのがテーマになっていました。

eyeron:3人だけのステージだったから、よりファンとの絆みたいなものを感じましたね。

ーー10年前と今を比較して、グループとして変わったと思うこと、変わっていないと思うことはありますか?

matty:基本的には変わってないんじゃないですかね。相変わらず楽屋でも馬鹿話してるし、普段3人でいる感じは変わらないですね。でも、やっぱり作品作りとかライブに対しての姿勢・考え方は、日を追うごとに毎日グレードアップしているんじゃないかな。こうやったらいいんじゃないか?とか、これをやったら次にこう繋がるんじゃないか?とか、経験したからこそわかることもあるので。ko-daiとeyeron2人の努力や試行錯誤する姿勢もすごく伝わるので、メンバーとして頼もしいなと思います。

eyeron:変わっていない部分はラブソングを大事に歌い続けているところですね。デビュー曲も「Promise」っていうラブソングでしたし。ラブソングで自分たちも成長させてもらったし、多くの人と出会うことができたので、そこは変わらずにこれからも歌っていきたいです。また、新しいSonar Pocketが提案するラブソングを作り続けたいなという気持ちも、今は持っています。グループとして、3人それぞれがもっと精進して、ひとりひとりの実力がSonar Pocketにフィードバックできるような活動をしたり。今は、それを自然にできているのがいいと思うし、次の15年20年に向けて、どんどん進化していきたいです。

ko-dai:変わってないのは、ライブが好きなことですね。ライブでしか味わえないものもあるし、ライブはコピーできない場所なので、その思いはデビュー当時から変わってないです。変わった部分は、Sonar Pocketとしてのプライドを持ったこと。普段、Sonar Pocketとして生きているというか、Sonar Pocketとして、他のアーティストに負けたくない気持ちも、だんだん強くなってきていると思います。

matty:10年で背負うものも変わってきたよね。

ko-dai:うん。応援してくれている人たちもたくさんいるから。この10年、本当に濃い経験をしてきたと思うけど、あっという間だったという感覚もあります。

(取材・文=若田悠希/撮影=三橋優美子)

■リリース情報
『108~永遠~』
3月28日(水)発売
通常盤(CD ONLY)¥1,111+税
初回限定盤A(CD+DVD)¥1,296+税
DVD内容「108~永遠~」Music Video+Off Shot Movie
初回限定盤B(CD+DVD)¥1,296+税
DVD内容「108~永遠~」Live From Sonar Pocket JAPAN TOUR 2017~Reload~ at NIPPON BUDOKAN

<CD内容(各形態共通)>
M1.108~永遠~
M2.Precious
M3.108~永遠~-Instrumental-
M4.Precious-Instrumental-

■ツアー情報
『Sonar Pocket 10th Anniversary Tour flower』
公演スケジュール(前半)
10月20日(土)埼玉・三郷市文化会館 大ホール
10月27日(土)福岡・福岡市民会館 大ホール
11月04日(日)宮城・仙台銀行ホール イズミティ21
11月09日(金)山梨・東京エレクトロン韮崎文化ホール
11月16日(金)神奈川・相模女子大学グリーンホール
11月18日(日)岐阜・岐阜市民会館
11月23日(金・祝)鹿児島・鹿児島・宝山ホール
11月25日(日)宮崎・宮崎メディキット県民文化センター 演劇ホール
12月02日(日)群馬・桐生市市民文化会館 シルクホール
12月07日(金)大阪・グランキューブ大阪メインホール
12月08日(土)岡山・岡山市民会館
12月15日(土)三重・シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢
12月16日(日)愛知・アイプラザ豊橋
12月22日(土)愛媛・松山市民会館 大ホール
12月24日(月・祝)徳島・鳴門市文化会館
1月12日(土)熊本・熊本県立劇場演劇ホール
1月14日(月・祝)大分・J:COMホルトホール大分
1月18日(金)千葉・市川市文化会館
1月20日(日)京都・ロームシアター京都メインホール
1月26日(土)茨城・茨城県立県民文化センター
1月27日(日)静岡・三島市民文化会館 ゆぅゆぅホール

Sonar Pocketオフィシャルサイト

「Sonar Pocketが歌い続けてきた“ラブソング”の進化 「自分から出る言葉を大事に」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版