>  >  > “ギターの神”藤岡幹大が残した勇姿

BABYMETALでも活躍 “ギターの神”藤岡幹大が残したステージでの勇姿を振り返る

関連タグ
BABYMETAL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 客席から見ていた人というのは、自分にとって不思議な距離感がある。向こうは自分のことなど知るよしもないのに、自然と親近感が芽生えたりして、いつのまにか身内のような感覚にもなる。

 ただ、実際の身内が亡くなるのとは感覚もやはり異なり、じかに会ったことなど一度もないのに、もう会えなくなるといういいようのない寂しさが襲ってくるものである。僕にとってのその一人、メタルダンスユニット・BABYMETALでギターを奏でていたミュージシャン・藤岡幹大が亡くなった。

 享年は36歳と、その数字だけを見ても永遠の記憶となったのは切ない。報道によれば、昨年12月30日の天体観測中に高所から落下、家族に見守られながら療養を続けていたものの、容態が急変し1月5日に息を引き取ったという。

仮BAND『仮音源 -Demo-』

 スタジオミュージシャンやギター講師としても活躍していた藤岡であるが、近年は同じく神バンドのメンバーであるベーシスト・BOHやドラマー・前田遊野と仮BANDを結成。アルバム『仮音源』をリリースし、多くのファンから熱い声援を受けていた。

 藤岡は、神バンドの主要メンバーとして客席をいつも熱くさせてくれた。ギターの神としてステージへ降臨しつつ、ファンからは小柄な出で立ちから「小神様」の愛称で親しまれていた。

 神バンドはツインギターの編成を取っていて、その両翼を務めるのは藤岡と、高身長かつダイナミックな演奏が目立つ「大神様」こと大村孝佳。体格の異なる二人が時には背中合わせとなり、爆音を轟かせていた光景は今でも忘れられない。

 藤岡の演奏は、僕からみると繊細で緻密な印象があった。もちろん神バンドは、どのメンバーもたぐいまれなる技術を持っているのはいうまでもない。そんな名だたるメンバーが揃う中、藤岡は愛嬌溢れる笑顔を浮かべながら、たくみな指さばきで音を奏でる姿が鮮明に残っている。

 曲の途中でソロになる場面では、愛らしい藤岡と荒れ狂う大村という非対称な2人が揃う場面が好きだった。何を語らずとも客席へ楽しげに笑顔を振りまく藤岡を目にするたびに、ステージへの憧れが増す感覚をおぼえて、十数年前に買ったものの、ホコリをかぶったまだったエレキギターを実家からわざわざ引っ張り出してしまった思い出もある。

 人の記憶というのは、時間が経つにつれて薄れていってしまう。しかし、ミュージシャンの生きた軌跡は音源や映像として残っているし、ひとたび聴くと、ライブの興奮が蘇ってくるものだ。

 藤岡の訃報を目にした直後、僕が聴き返したのはBABYMETALのライブアルバム『LIVE AT WEMBLEY』だった。収容人数1万人以上を誇るイギリスにあるロックの聖地、ウェンブリー・アリーナで日本人が歴史上初めて単独公演を行った記録でもある。

 BABYMETALのステージは、SU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALの3人だけが主役ではない。曲間のMCがなく“紙芝居”と称される映像により展開される構成も特殊だが、彼女たちの転換時であっても、つねにステージで音色を響かせる神バンドのメンバーも主役である。

 そのためファンは、いわば“チームBABYMETAL”としての勇姿をひと目見ようとライブ会場へと足を運ぶ。藤岡も無論その立役者の一人だった。

      

「BABYMETALでも活躍 “ギターの神”藤岡幹大が残したステージでの勇姿を振り返る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版