>  >  > 欅坂46 鈴本美愉、ファンを魅了する不器用な格好良さ

欅坂46 鈴本美愉、“不器用な格好良さ”でファン魅了 ダンサーとしての圧倒的な存在感とは

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年の欅坂46は怒濤の成人ラッシュ。上村莉菜、長沢菜々香、石森虹花、土生瑞穂、尾関梨香、守屋茜と今年20歳を迎えるメンバーが続き、そして12月5日に最後に20歳を迎えたのが鈴本美愉だ。クールで人見知りな印象を持たれがちだが、知れば知るほど明るく表情豊かなことがわかり、今後さらなる活躍を期待されるメンバーとしてファンからの注目度も高い。

欅坂46『風に吹かれても』

 ヒップホップダンスとジャズダンスを3年ほど経験している鈴本。「サイレントマジョリティー」や「語るなら未来を…」といった初期曲からダンスで頭角を表し、最新シングル「風に吹かれても」でも難易度の高いダンスを笑顔でキレッキレに踊っている。鈴本はダンスが印象的なMVが公開される度に、ファンの間で名前が取り沙汰されることも多い。小柄な体をめいいっぱい動かし、テクニックを交えつつ楽曲の世界や感情を表現するダンス。表現力という点では、センターの平手友梨奈に負けずとも劣らない。ただ、鈴本自身は自分のダンスに納得がいっていないらしく、「自分のダンスは好きじゃないんですよ。いろんな方のダンス動画を観る度に、『私のダンスはまだまだだな』と思わされるんです」と答えている(参考:『OVERTURE No.012』)。持ち前のダンスセンスはもちろん、その職人気質なストイックさもダンスの技術を向上させている一因だろう。

 今夏に行われた全国ツアーでは、毎回のライブ映像を齋藤冬優花と見返し、気になるところを本番前にメンバーに説明していたという。しかし、鈴本はメンバーに直接言うことができず、いつも伝える役は齋藤だった。鈴本は「私も『欅のみんななら、できるよ』と感じたことは。自分の口から言いたいなと思うんですけど。言葉にするのが得意じゃないんですよね…(笑)」と人見知りな一面を語っており、実際言葉ではなく行動で示すことも多い。(参考:『B.L.T. 12月号』)例えば、「大人は信じてくれない」のダンス練習にて、長沢菜々香が自主練習しているところに鈴本がやってきて、長沢の横で練習を始めるというエピソードがある。(参考:B.L.T.web)真相はわからないが、これは言葉にできない鈴本がさりげなくお手本を見せていると推測でき、この不器用な格好良さがファンの間でも語り草となっている。

 鈴本のダンスはメンバーにとっての見本になっており、グループのパフォーマンス面のレベルを引き上げている存在と言える。鈴本が溺愛している織田奈那も「美愉のすごいところは、何といってもパフォーマンスの面。ダンスもよく教えてもらって助けられてますね」と語っており、欅坂46に欠かせない存在であることが窺える。(参考:『ボム 12月号』)

 また、バラエティ面では、リアクション役としても重宝されており、特集が組まれるほど表情豊かなリアクションを今までに見せてきた。特に美味しい物が出た時の表情が素晴らしく、それを見ているだけで幸せな気分になれる。もちろん表情のリアクションだけでなく、『SHOWROOM』の鈴本もファンの間では人気だ。鈴本は、じっとしていられない性分なのかとにかく動きまわり、画面の片隅で踊りまくっていたり、モニターサイズをうまく利用して本能の赴くままに行動している。

      

「欅坂46 鈴本美愉、“不器用な格好良さ”でファン魅了 ダンサーとしての圧倒的な存在感とは」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版