>  > のんが音楽で表現したい“明るい怒り”

『スーパーヒーローになりたい』インタビュー

のんが音楽で表現したい“明るい怒り”とは? 「感情が激しく動いたときは書きたくなる」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「私、割と怒ることが好きなんですよね(笑)」

ーーカップリング曲の「へーんなのっ」は、のんさんの作詞作曲によるパンキッシュなナンバー。

のん:これは“のん”になってから作った曲なんですけど、その前は「曲を作るというのは特別なことで、自分にはできるわけない」と思っていたんです。でも、音楽に対する興味が再燃してきて、友達とスタジオに入ったりしてるうちに「音楽活動をやるんだったら、オリジナル曲がないとね。作ってみるか!」という感じでやり始めて。まず歌詞を書いて、知ってるコードを付けたら曲になったという感じです。「へーんなのっ」はいちばん最初に書いた曲なんですよ。

ーー音楽活動のきっかけになった曲なんですね。「へーんなのっ」というタイトルも、のんさんらしいと思います。

のん:ありがとうございます! かわいくてポップな曲にしたいと思って、がんばってヒネリ出したのが「へーんなのっ」だったんです。最上級にかわいくてポップな、のんのなかのかわいいワードですね。「それはイヤ」とか「ありえない」より、「へーんなのっ」のほうが子供っぽくてかわいげがあるかなって。

ーー確かに(笑)。歌詞のなかには、のんさんが「変だ」と思うものが並んでますね。

のん:いろいろ考えました(笑)。歌詞にできないものもたくさんあったんですよ。でも、それを歌詞にすると何のことを言っているかわかっちゃったり。<昨日見た映画が変だ><あのジュースのリニューアル変だ>というのも、具体的な体験があったりして。馬鹿にしたいとか攻めたいとかいう事じゃなく、素直な気持ちで“変なもんは変だ”って明るく言い放ちたかったんですよね。

ーー言葉にすると角が立つことも、歌詞だったら大丈夫ということもありますからね。それも曲を作ることの楽しさかも。

のん:そういうところ、いいですよね。ちょっとオブラートに包んで、かわいい言葉にすれば、みなさんも楽しんでもらえると思うので。「へーんなのっ」のレコーディングでもギターも弾いていて。すごく楽しかったですね。

ーーオリジナル曲はいまも作っていますか?

のん:最近は忙しくてちょっと作れていないんですけど、次の作品にも自分で作った曲を入れたいから、前に作った歌詞を直したりしてます。なかなかかわいい曲が作れないんですよね。意識しないで自然に作るとハードな感じとか、パンクっぽくなるので。気を抜かないようにして、かわいい曲を作りたいですね。

ーーパンク的な曲も聴きたいですけどね。

のん:アルバムを作るときは、そういう曲も入れたいですね。自分のなかから出てきたものをストレートに表現するのも楽しいので。いかんせん知識も無くただひたむきに作っていくので難しいことができないだけなんですけどね。

ーー言いたいこと、歌いたいこともたくさんある?

のん:自分の感情が激しく動いたときは書きたくなりますね。楽しいことがあったり、怒ったり。私、割と怒ることが好きなんですよね(笑)。いつも怒ってるということではなくて、「いまは(怒っても)いいんじゃないの?」と探っている感じ。たとえば「これはどうしたら良いんだ~」と悩んでる時、スタジオのドアを開けて入ってきたスタッフがいると「おっ!来たぞ…」と、目がキラキラし出すような。毎日、誰かしら被害に遭ってますね。不思議と、怒りも明るい感情なんですけどね。

ーー今後は怒りのパワーも音楽に結びつくかも。清志郎さんも怒りをエネルギーにしていたところもありますからね。

のん:そうですよね。そういえば私、顔がジョン・ライドンに似てるって言われた事があって!“NON(のん)・rideon”という写真を撮ったこともあるんですけど、あれはあんまり似てなかったかな(笑)。

ーー(笑)。ジョン・ライドンはロック史上、もっとも怒れるミュージシャンですからね。

のん:“Anger is an Energy”(ジョン・ライドンの自伝のタイトル)って言ってるくらいですもんね。ツンツンヘアに、憧れます。

ーーシングルにはRCサクセションの「I LIKE YOU」、サディスティック・ミカ・バンドの「タイムマシンにおねがい」のカバーも収録。「I LIKE YOU」には仲井戸麗市さんが参加してます。

のん:そうなんです! カバーするにあたってRCサクセションの曲をいくつか聴いたんですけど、「I LIKE YOU」がいちばんフィットしたんですよね。特に<うぬぼれてごらん>という歌詞が好きです。チャボさんと一緒のレコーディングは……めちゃくちゃ緊張しましたね。「絶対間違えられない!」って。私も人見知りだから、スタジオのソファの端と端に座って、遠くで話すみたいな(笑)。レコーディングに入ると一気に楽しくなりました。チャボさんが物凄く楽しそうにギターを演奏されていて、ときどき笑い声が聞こえてきて。その雰囲気がもう心臓がバクバクする程カッコ良かったです。

ーー「タイムマシンにおねがい」については?

のん:最高にかっこいい曲ですよね。楽しくてユーモアがあって、歌っていてめちゃくちゃ気持ち良いです!

ーーしかも高橋幸宏さん、小原礼さん、佐橋佳幸さん、Dr.kyOnさんなどすごいメンバーが揃っていて。他の楽曲もそうですが、とにかく参加ミュージシャンが豪華ですよね。

のん:本当に…!ありがたいです。怖いもの知らず。生意気娘ですね(笑)。

ーー楽曲によってボーカルの表情が違うのも印象的でした。CMでオンエアされた「エイリアンズ」(キリンジ)のカバーも注目を集めていましたが、歌の表現が広がっている実感もありますか?

のん:好奇心旺盛なので、今、いっぱい研究しているところです。シンディっぽく歌ってみたり、NOKKOさんみたいな感じでやってみたり、矢野さんっぽくやってみたり…。難しいけど、歌い方についてはすごく興味があります。結局は自分の声で歌うしかないので、どんどん確立していきたいですし、この先自分の歌声をどうしていくかたくさん研究していきたいと楽しんでいます。

ーーシングルのジャケットについても聞かせてください。派手でカッコよくてユーモアもあって、のんさんの個性がしっかり出ているジャケットだなと。

のん:嬉しいです。「スーパーヒーロー」なので、マントを着たいと思ったんですよね。あとは『ワーハピ』のときと同じようにボリューミーなスカートもはきたくて。スタイリングは飯嶋久美子さんにお願いしていて、「軍服っぽいチョッキを着て、スーパーヒーローのバッジをたくさん付けよう」と提案してくれたんです。全体的にゴールドにしたのは、沢田研二さんの「TOKIO」のイメージですね。電飾の代わりにゴールド!(笑)。ギターも似合ってたので、良かったです。アートディレクター、CGの方にも協力していただいて、すごくいいジャケットになりましたね。

ーーやっぱりモノ作りに興味があるんですね。このシングルから本格的に音楽活動が始まりますが、次にやりたいことは?

のん:年末に『のんフェス』をやるんですよ。楽しいフェスになると思います! そのあとも楽しく自由に突き進みたいですね。おもしろおかしく、カッコいいことをやれたらなって。

ーーのんさんの新しいオリジナル曲も楽しみにしてます。

のん:あ、はい。がんばって作らないと間に合わない!(笑)。

(取材・文=森朋之)

のん『スーパーヒーローになりたい』

■リリース情報
『スーパーヒーローになりたい』
発売日:11月22日(水)
価格:【CD+DVD】¥2,000+税
【CD】¥1,200+税

〈収録内容〉
1.スーパーヒーローになりたい
2.へーんなのっ
3.I LIKE YOU
4.タイムマシンにおねがい(WORLD HAPPINESS 2017 MIX)

※「タイムマシンにおねがい」は、ライブ音源ではなくシングル用に新たに音源が加えられたもの。

■関連リンク
のん公式HP

      

「のんが音楽で表現したい“明るい怒り”とは? 「感情が激しく動いたときは書きたくなる」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版