>  > MACO&井上苑子がドリカムを語る

DREAMS COME TRUE『THE DREAM QUEST 』発売企画

ドリカムのラブソングはなぜ世代を越えて愛される? “言葉の魅力”をMACO&井上苑子が語る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「吉田さんとお話する機会があったら、“愛するとは何か”を聞きたい」


ーーニューアルバム『THE DREAM QUEST』についてはどんな印象を持ってますか?

井上:新しい! と思いました。ディスコっぽい曲があったり、いろんなサウンドや音色が入っていて、聴いていて楽しいです。1曲目のインスト(「THE THEME OF THE DREAM QUEST」)から「何だこの音は?!」という驚きがあったし、アルバムが始まるワクワク感がすごくあって。アルバム全体を通して、ストーリーが感じられるのがとても楽しかったです。

ーー特に好きな曲は?

井上:いろいろありますけど、まず6曲目の「その日は必ず来る – TDQ VERSION -」ですね。ドリカムさんの曲には背中を押してくれるイメージもあるんですけど、そういう部分が強く出てる曲だなって。「あなたが笑えば – DCT VERSION – 」も好きです。前向きで明るくて、楽しくなれて。こういうふうに聴いていると気持ちが楽になる曲を私も作りたいなって思いました。<このめちゃくちゃな世界さえ なんとかなる気がしてくる>という歌詞もすごいですよね。大変な毎日を送っている方にも寄り添える曲だなって。ラブソングでは「秘密」が特に好きです。<運命に逆らってあなたを愛した>とか<あなたの息に 絡め取られて>とか、すごく重みを感じました。この曲の主人公はそれくらい強く気持ちを持っていかれているんだと思うし、それが吉田さんの声で聴こえてくると心に沁みてしょうがない。どんな大恋愛をしたら、こんな歌詞が書けるんだろう? って思いました。

ーー実体験がないと、こういう言葉は出てこないと?

井上:絶対そうですよ!(笑)。私は今19才なんですけど、自分の曲の歌詞のなかに“愛する”という言葉を使いづらくて、基本、“恋”のことしか書いてないんです。それはたぶん、そこまで強く人を愛したことがないからだと思うんですよね。もし吉田さんとお話する機会があったら、“愛するとは何か”をお聞きしたいです。あとは「愛しのライリー」も好きですね。<ライリーライリー>っていうサビが印象的で、一緒に歌いたくなるんですよ。作曲は中村(正人)さんなんですけど、作詞と作曲が違うからこそできた曲じゃないかなって。お一人で作詞作曲された曲とお二人で作られた曲は、アプローチがまた違っていて、だからドリカムさんはいろいろな曲があるんだと改めて感じました。

ーー作り手の目線からの意見ですね、それは。ふだんから作詞作曲のクレジットを確認してるんですか?

井上:そうですね。気になる曲があると「誰が作ってるんだろう?」とチェックするし、そのうちに「私はこの作曲家の方が作る曲が好きなんだな」ということもわかってきたり。ドリカムさんは、すべてお二人で作ってらっしゃるじゃないですか。それでアレンジもこれだけバラエティに富んだ曲をお作りになる引出しの量が本当にすごいと思いました。でも、これだけたくさん作っていくなかでは、意見が食い違ったりすることとかもあったりするんでしょうか。


ーーきっとあると思います(笑)。中村さんが『マツコの知らない世界』(TBS系)に出演されたときも、そういう話をされていましたし。

井上:そうなんですね(笑)。私、楽曲を作る過程も気になるんですよ。スタジオに入って制作していて、「こんな感じはどうかな?」「違うと思う」って意見が分かれたときにどうやって解決してるのかなって。

ーー確かにそうですね。ちなみに中村さんは以前から「吉田美和が作る歌を世に出すのが自分の役割」ということをおっしゃっていますけどね。

井上:素敵すぎる! やっぱりお互いに尊重し合うことが大事なんですね。本当に素敵な関係性だなと思います。今回のアルバムのリリース後にはツアーもあるし、早くライブが観たいです。絶対に楽しいし、泣けちゃう気もしますね。

ーー吉田さんもライブでよく泣いてますよ。『ワンダーランド』みたいな大きなライブでは、オープニングから泣いてしまったり。

井上:私もライブをやっていて、みなさんが大きな声で応えてくれたりすると「何だこの状況は?!」って感動して、泣いてしまったことがありましたが、ドリカムさんは25年以上、ずっとお二人で音楽を続けて、今の私には想像もつなかいような、いろんな事を乗り越えられて、そして大きな会場でたくさんの人が待っているステージ……。やばい、考えただけで涙が出てきた(笑)。

(取材・文=森朋之/撮影=林直幸)

■DREAMS COME TRUE『THE DREAM QUEST』特集記事
ドリカムの“サブスク全解禁”が日本の音楽市場に与える影響は? 新アルバム発売方法から考える

『THE DREAM QUEST』

■リリース情報
『THE DREAM QUEST』
発売日:10月10日(火)
価格:¥3,000+税
※ワイドケース仕様

<収録内容>
1. THE THEME OF THE DREAM QUEST
2. KNOCKKNOCK! – TDQ VERSION –
3. 世界中からサヨウナラ
4. 秘密
5. あなたが笑えば – DCT VERSION –
6. その日は必ず来る – TDQ VERSION - 
7. あなたと同じ空の下 – TDQ VERSION –
8. 九州をどこまでも – TDQ VERSION –
9. 堕ちちゃえ
10. 普通の今夜のことを  ― let tonight be forever remembered ―
11. 愛しのライリー – TDQ VERSION –
12. あなたのように
※かんぽ生命キャンペーンソング
13. THE DREAM QUEST - OVERTURE – 
14. 九州をどこまでも – SINGLE VERSION –
※JR九州「ドリカム新幹線」キャンペーンソング
15. 愛しのライリー – SINGLE VERSION –
※ディズニー/ピクサー映画『インサイド・ヘッド』オリジナル書き下ろし主題歌
16 . KNOCKKNOCK! – SINGLE VERSION –
※花王「ソフィーナ プリマヴィスタ」CMソング
17. あなたと同じ空の下 – SINGLE VERSION –
※ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)「ドリーム・プロジェクト2017」テーマソング
18. その日は必ず来る – SINGLE VERSION –
※ENEOSエネルギーソング

レコード(アナログディスク)『THE DREAM QUEST』
発売日:10月10日(火)
価格:¥4,860(¥4,500)
12inchアナログ通常盤130g 
A式-Sジャケット/封入:解説カード、ライナーノーツ(蔦谷好位置・豊崎由美・ 谷岡正浩氏ライナー)
<収録曲>
・Side A
1. THE THEME OF THE DREAM QUEST
2. KNOCKKNOCK! – TDQ VERSION –
3. 世界中からサヨウナラ
4. 秘密
5. あなたが笑えば – DCT VERSION –
6. その日は必ず来る – TDQ VERSION –

・Side B
1. あなたと同じ空の下 – TDQ VERSION –
2. 九州をどこまでも – TDQ VERSION –
3. 堕ちちゃえ
4. 普通の今夜のことを  ― let tonight be forever remembered ―
5. 愛しのライリー – TDQ VERSION –
6. あなたのように
7. THE DREAM QUEST - OVERTURE –

予約は以下のオンラインストアにて受付中
DCTgarden SHOPPING MALL
UNIVERSAL MUSIC STORE
Amazon
タワーレコードオンライン
ローチケHMV
TSUTAYA オンラインショッピング
山野楽器オンラインショップ

■配信サービス情報
Apple Music
Amazon Prime
AWA
Google Play Music
KKBOX
Spotify
LINE MUSIC
Rakuten Music
レコチョクBEST

■ツアー情報
<全国ツアー>
『かんぽ生命 Presents DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017 / 2018 THE DREAM QUEST』

10月21日(土)・22日(日)さいたまスーパーアリーナ
10月28日(土)・29日(日)大阪城ホール
11月3日(金•祝))・4日(土)マリンメッセ福岡
11月18日(土)・19日(日)宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
11月25日(土)・26日(日)サンドーム福井
12月2日(土)・3日(日)北海道立総合体育センター北海きたえーる
12月16日(土)・17日(日)横浜アリーナ
1月6日(土)・7日(日)日本ガイシホール
1月13日(土)・14日(日)大阪城ホール
1月20日(土)・21日(日)神戸ワールド記念ホール
2月3日(土)・4日(日)日本ガイシホール
2月10日(土)・11日(日)マリンメッセ福岡
2月17日(土)・18日(日)広島グリーンアリーナ
3月3日(土)・4日(日)横浜アリーナ

 『かんぽ生命 Presents DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2017 / 2018 THE DREAM QUEST ~ドリカムの夕べ~』
12月23日(土・祝)・24日(日)グランメッセ熊本
3月24日(土)・25日(日)沖縄コンベンションセンター展示棟

■関連リンク
『THE DREAM QUEST』特設サイト
DREAMS COME TRUE オフィシャルサイト
MACOオフィシャルサイト
井上苑子オフィシャルサイト

「ドリカムのラブソングはなぜ世代を越えて愛される? “言葉の魅力”をMACO&井上苑子が語る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版