Kis-My-Ft2 玉森裕太&NEWS 小山慶一郎、『重要参考人探偵』で共演 2人の意外な共通点は?

TOKIO 長瀬智也

 そしてジャニーズの“キング・オブ・天然”といえば、TOKIO・長瀬智也にほかならないと思う。長瀬の天然エピソードは枚挙に暇がないが、『A-Studio』(TBS系)で笑福亭鶴瓶がこんなエピソードを話していた。長瀬は鶴瓶からの「1世紀は何年か?」という問いに「9年」と答えたり、「1mは何cmかという問いにも「60cm」と回答。それぞれの理由について「渋い区切りだと思って」や「だいたい時計と一緒じゃないかなと思って」と、なかなか考えつかない理由を述べていた。

 さらに『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した際にも、長瀬は読み間違い・言い間違いが多いという話題に。「麻婆茄子」を“あさばばなす”、「林家木久蔵」を“はやしやもくぞう”という読み間違い・言い間違いが紹介されていたが、その理由が長瀬らしい。考えるよりも先に、見たものを口に出してしまうというのだ。長瀬にはいつまでも変わらず、今のままでいてほしいと思わざるを得ない。

 「一見二枚目なのに実は天然」。これは、数あるギャップの中でも最強なのではないだろうか。そして、それが顕著に現れているこの3人だからこそ、幅広い人々からの人気を集めているのだろう。長瀬、小山、玉森が見せるギャップを今後も温かく見守りたい。

(文=高橋梓)

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!