>  >  > 香月孝史の乃木坂『真夏の全国ツアー』評

『真夏の全国ツアー 2017』ライブレポート(その1)

乃木坂46が『真夏の全国ツアー2017』神宮公演で示した、“共鳴”する1期生・2期生・3期生の現在地

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46が『真夏の全国ツアー2017』の幕開けとなる東京・明治神宮野球場でのライブを、7月1・2日にかけて開催した。今年の神宮球場ライブは、例年とは明らかに狙いの異なるセットリストが組み立てられていた。

 乃木坂46の神宮球場ライブではこれまで、最新シングル表題曲を中心に曲目が構成されてきた。『4th YEAR BIRTHDAY LIVE』を兼ねて3日がかりでライブが行なわれた昨年も、最終日の本編ラストにはその時点での最新曲「裸足でSummer」が披露され、同曲のセンターを務めて全国ツアーを牽引してきた齋藤飛鳥にスポットが当てられた。

 だが、今年はリリース楽曲を軸に乃木坂46の「現在」を表現するのではなく、それぞれにグループの歴史を背負ってきたメンバーたちが、今どのような段階にあるのかに焦点をあてることによって、乃木坂46の「現在」が示された。それが、3期生・2期生・1期生の順でブロック分けして披露された、期別のライブパフォーマンスである。

 といっても、加入期ごとにメンバーを分けて並べれば、自動的に著しい効果が生まれるというものではもちろんない。大会場ライブのスタートを、実質的な活動を始めて間もない3期生に託すことは、それだけでも大きなチャレンジだったはずだ。けれども、彼女たちのアンセムとなった「三番目の風」で幕を開け、「ぐるぐるカーテン」「おいでシャンプー」など乃木坂46草創期の楽曲を中心にした3期生ブロックでは、すでにパフォーマーとしての彩りや自覚を身につけたメンバーたちの姿を見ることができた。この3期生ブロック成功の背景には、今年初めから継続してきた3期生単独の活動があるだろう。3期生単独公演となった2月の「3人のプリンシパル」や、5月の3期生単独ライブといった今年前半の取り組みは、既存メンバーが充実しているグループ内にあって、新加入の3期生たちに経験を積む場を用意するものだった。しかしまたそれらの活動が、大会場のライブというグループ全体でのイベントに向けて、彼女たちの演者としての存在感を養う場になっていたことがわかる。そのことを確認する意味でも、3期生のみでライブ冒頭を飾るこの試みは新鮮な驚きだった。

 他方、期別にメンバーを分けてのライブは、グループが数年来抱えてきた課題を自らに突きつけることでもあった。それは、1期生と2期生との間にある不均衡だ。2期生は乃木坂46のデビュー翌年の2013年に加入して以来、1期生に準じるキャリアを歩んできたが、加入した年の秋にシングル表題曲「バレッタ」で堀未央奈がセンターに抜擢されてのちは、彼女たちに順当に後続のチャンスが巡ってきたとは言いにくい。昨年加入した3期生が早くも、別働隊のようにしてチーム単位で活躍の機会を手にしていることで、2期生の置かれる立場はさらに難しくなっていた。期別に分けてそれぞれの現在地を示すことで、当然そうした文脈と向き合わざるを得ない。

 けれども神宮球場ライブでの2期生ブロックは、そのような反骨の文脈のみに終始するものではなかった。2期生ブロックの素晴らしさは、この難しい立場を明らかにした上で、それを乗り越える力強さを彼女たちが証明した点にある。2期生ブロックの始まりを告げる「バレッタ」「気づいたら片想い」は、2期生の正規メンバー昇格やセンター抜擢といった輝かしい記憶としてではなく、むしろその後から今日に至る2期生たちの葛藤を思い起こさせた。続いて披露されたのが、2期生全員が選抜から外れアンダーメンバーとして活動した際の楽曲「嫉妬の権利」だったことからも、2期生ブロック序盤のシリアスさが意図的なものであることがわかる。ただし現在の2期生は、その重苦しさをパフォーマンスで跳ね返すことができる。いち早くグループの中心に立った堀の後に続く道を、彼女たちはすでにいくつも描いてみせている。それは、決して短くない2期生の活動期間の中で育まれてきた希望となるはずだ。

 3期生ブロックにとって『プリンシパル』や単独ライブでの経験が大きかったように、2期生たちの力強さの裏付けとして重要な伏線になったのは、渡辺みり愛がセンターを務め、鈴木絢音、山崎怜奈ら2期生がフロントに入った今年4月のアンダーライブ東京体育館公演だっただろう。「逆境」を表現するだけにとどまらなかった春のアンダーライブは、アンダーメンバーに一段上のポジティブな方向づけをもたらした。あるいは、昨年末の日本武道館公演『Merry Xmas Show 2016』をアンダーセンターとして締めくくった寺田蘭世の成長なども含め、2期生メンバーにはグループの中核へと近づく準備ができている。2期生ブロックの終盤に全員で披露した「ボーダー」は、これまで足並みを揃えてチャンスを掴むことの難しかった2期生たちが、積み上げてきたキャリアを誇るものになっていた。まだまだ、明快な見通しが得られたわけではない。けれども彼女たちが矜持を謳うその声は、この半年あまりでさらに強くなっている。

      

「乃木坂46が『真夏の全国ツアー2017』神宮公演で示した、“共鳴”する1期生・2期生・3期生の現在地」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版