>  >  > MACO、アーティストとしての変化と成長

MACO『今日もあなたに恋してます TOUR 2017』

MACO、アーティストとしての“変化と成長” 初の全国ホールツアーファイナル公演

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MACOが7月8日、パシフィコ横浜 国立大ホールにて『今日もあなたに恋してます TOUR 2017』のファイナル公演を行った。

 5月28日福岡サンパレス公演を皮切りに、5都市をまわる初の全国ホールツアーを開催したMACO。パシフィコ横浜は、自身過去最大キャパとなる会場だ。みなとみらいの海沿いに面したロケーションとしても素晴らしいホールに、双子コーデに身を包んだティーン、カップル、家族連れと幅広い客層が詰めかけ、開演前からロビーを賑わせた。

 開演時間となり、ステージ後方のカーテンが開くと、まばゆい逆光の中にMACOのシルエットが浮かび上がる。大きな歓声に迎えられるなか、ライブは「HERO」からスタート。1曲目から堂々とした佇まいで力強い歌声を響かせた。続く「夢のなか」ではしっとりと、「Love Lie」では華やかにかわいらしく、「Missing You」ではグルーヴィーな演奏に合わせて大人っぽく、と三曲三様の歌声を聞かせる。曲調に合わせて声色や抑揚が変化する豊かな歌声からは、MACOのボーカリストとしての成長を感じることができた。

 MCで「LOVEがいっぱい溢れる3曲」として紹介されたパートでは、「恋人同士」「love letter」「LOVE」といった人気の高いラブソングを披露。いずれもバンドセットならではのテンポ感やノリで届けられた。「love letter」では、MACOの楽曲には欠かすことのできない作曲家でもある、ぐっさんこと山口隆志の渋いギターソロをはじめ、各パートの演奏が光る。その後の「LOVE」では、MACOが「一緒に歌ってくれたらうれしい」と語りかけると、ラストサビでは合唱が響き渡り、会場は幸福な雰囲気に包まれた。

 この日のステージは、全体を通して“ライブ”であることがより重要視されていた。m-flo loves 加藤ミリヤカバー「ONE DAY」や「Your Love」では、爽やかかつ大人っぽいアレンジが施され、「夏先取り」と紹介されたコーナーの「二人は夢みるマーメイド」「うれし涙」はレゲエ調、「恋心」はラテン調のアレンジが施されていた。そういった演出が、ライブならではの楽しさを生み出すとともに、どんなテイストの楽曲にも合う歌声、様々な曲調を難なく歌いこなす歌唱力といったMACOの強みを際立たせていた。また、MACOが途中ステージから退くと、バンドメンバーたちによる圧巻のセッションが繰り広げられる場面も。横浜らしさを感じさせるオリエンタルなフレーズも交え、ライブのムードを大いに盛り上げた。

 後半には、「みんなをMACOの切ない世界に引き込みたいと思います」と観客を着席させ、じっくりと歌を聴かせるコーナーが用意されていた。MACOが21歳の時に書いた「ふたり」は、恋に悩みながらも前に進もうとする姿を描いた曲。今歌われる「ふたり」からは、当時とはまた異なる言葉の説得力を感じ取ることができた。MACOの歩みとともにそれぞれの楽曲も変化していくのだということを、ふと感じた瞬間だ。続く、ピアノ伴奏のみで歌われた「この世界中で」や「Kiss」では、ホールの空間全体にファルセットを美しく響かせた。

 その後の『MACO×ACUVUE(R) 』キャンペーンCMソングとしてテレビで耳にする機会も多い「恋するヒトミ」は大きな手拍子とともに披露され、本編ラストに歌われたのは、MACOのファン“MACOfam”にむけて作られた曲「family」。歌い終わりには、歌詞の一節を引用して「最高なファミリー、ありがとう!」と感謝の思いを告げてステージを去った。

      

「MACO、アーティストとしての“変化と成長” 初の全国ホールツアーファイナル公演」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版