>  > YURiKAが考える“アニソンシンガー”の特徴

『MIND CONDUCTOR』リリースインタビュー

YURiKAが考える、アニソンシンガーの特徴と目指す道「“曲推し”をもっと増やしたい!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YURiKAが考えるアニソンシンガーの特徴と自身が目指すべき道 「曲推しをもっと増やしたい!」の画像3

「埼玉には海も山もないんですけど、アニサマがある」

ーーちなみに、作曲家さんと直接やり取りすることはありますか?

YURiKA:今回の「MIND CONDUCTOR」で言えば(作編曲を担当している)R・O・Nさんはもとから本当に大好きで。当時R・O・Nさんが活動していたOLDCODEXは、私が中学生の頃から追っかけていたグループなんですよ。

ーーえっ。

YURiKA:R・O・Nさんが作曲してくださってるということを知らずにデモ音源を聴いて、「これ、R・O・Nさんですよね?」とスタッフさんに訊いたら正解だったという。

ーーそれはすごい!

YURiKA:トラックダウンの時に実際にお会いしたときに、「本物だ! ファンなんです!」と言ったら軽くあしらわれましたけど(笑)。

ーーYURiKAさんが中学生の頃のOLDCODEXってまだ……。

YURiKA:『黒子のバスケ』より全然前の、今じゃありえないくらい小さなライブハウスで活動してた頃です。ライブでR・O・Nさんがギターを弾いてる前に立って聴いたりしていました。

ーー運命のような話ですね。そんな昔ながらのR・O・NファンのYURiKAさんからすると、今回の「MIND CONDUCTOR」に感じる“これぞR・O・N”なポイントはどのあたりになるのでしょう?

YURiKA:全体の中で結果明るくなる、みたいな感じというか。Aメロとか難しくてサウンドもずっと爽やかなわけではないけれど最終的には明るく晴れる、っていうのがR・O・Nさんが作るポップな曲調のイメージなんです。好きだからこそわかるものってあると思うんですけど、聴いてすぐに「これR・O・Nさんの曲じゃない?」と思いました。「Shiny Ray」もカップリングも含めて素晴らしい作家さんばかりで、『リトルウィッチアカデミア』も“あのTRIGGER制作のアニメの主題歌を私が!?”と驚きましたし。もう本当に、嬉しさしかないです。

YURiKAが考えるアニソンシンガーの特徴と自身が目指すべき道 「曲推しをもっと増やしたい!」の画像4

ーー今回の「MIND CONDUCTOR」で、前作と比べて特段なにか気を付けていることはありますか?

YURiKA:『リトルウィッチアカデミア』は“信じる”というワードが大事な作品なんです。なので、サビの<どんなときも 信じているよ>という歌詞に気をつけたり、<失敗を重ねた分だけ 美しく響く>とか、作中のシャリオを連想させる<It’s Showtime!>など、全体的にこの曲は“強い”曲なので、自分的にはすごく難しい曲なんです。この強さに、自分も乗っかっていかないといけなくて。アニメも2クール目に入ってシリアスなシーンが増えて、主人公のアッコが涙するシーンが増えきたなかで、それでもやっぱり自分は夢を叶えたいんだという姿に私自身を重ね合わせたりして。そういうアニメ自体のストーリーに乗っかっていこうとする気持ちは、前作と比べたら強くなっていると思います。

ーーなるほど。アニメの主人公の気持ちに合わせてYURiKAさんご自身の気持ちも前へ進んでいると。YURiKAさんご自身はどういった夢を持ってるんでしょう?

YURiKA:たくさんあります! まず、さいたまスーパーアリーナで歌うこと。

ーー具体的ですね(笑)。会場まで決まってる。

YURiKA:アニサマ(『Animelo Summer Live』)という埼玉県民の誇りのイベントがあるんです。埼玉には海も山もないんですけど、アニサマがある。だからそこに出たいんです。あと、地元の蓮田市の駅を降りたら自分の曲が流れてほしい。

YURiKAが考えるアニソンシンガーの特徴と自身が目指すべき道 「曲推しをもっと増やしたい!」の画像5

ーーでは、近い目標として考えていることはなんでしょう。

YURiKA:ライブはたくさんしたいですね。今回のリリースで持ち曲が6曲になって、7月8日には代官山SPACE ODDでオープニングテーマを歌う大原ゆい子さんとツーマンライブをやらせていただきます。生じゃないと体感できないものがあると思うし、ライブで歌うとその都度思い出が増えていくじゃないですか。なので私自身もそうですけど、来てくださった方も、それこそもっと“曲推し”を増やして、「この曲であの会場行ったなぁ」みたいな思い出をたくさん作っていただきたいです!

(取材・文=荻原梓/撮影=下屋敷和文)

■リリース情報
YURiKA 『MIND CONDUCTOR』
発売:5月24日(水)
価格:アニメ盤(CDのみ)¥1,200(+税)
アーティスト盤(CD+DVD)¥1,700(+税)

<収録曲>
M1.「MIND CONDUCTOR」
M2.「Fairy Way」
M3.「Beautiful Future」
M4.「MIND CONDUCTOR」(Instrumental)
M5.「Fairy Way」(Instrumental)
M6.「Beautiful Future」(Instrumental)

<特典>
アニメ盤:『リトルウィッチアカデミア』第2クールオープニングムービー絵コンテブックレット
アーティスト盤:DVD「MIND CONDUCTOR」ミュージックビデオ/ノンクレジットアニメオープニング

■ライブ情報
『YURiKA・大原ゆい子ツーマンライブ〜MagicalNight リトルウィッチアカデミア〜』
会場:代官山SPACE ODD
時間:開場17:00 開演17:30
チケット料金¥5,000(前売)
プレイガイド:チケットぴあ〔コード:333-789〕・ローソンチケット〔コード:74307〕・イープラスにて発売中

■作品情報
『リトルウィッチアカデミア』
毎週日曜24時から、TOKYO MXほかで放送中
(c)2017 TRIGGER/吉成曜/「リトルウィッチアカデミア」製作委員会

YURiKA 公式HP
YURiKA 公式twitter

      

「YURiKAが考える、アニソンシンガーの特徴と目指す道「“曲推し”をもっと増やしたい!」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版