>  >  > 2017年春アニメ主題歌注目アーティスト(後編)

ClariS、たぴみる、DAOKO、鹿乃…2017年春アニメ主題歌で注目のネット発女性アーティスト

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年の春アニメも5月に入り、ストーリーは中盤へと突入。主題歌のアニソンも、様々な切り口から話題になるものも多く存在しており、リアルサウンドでもこれまで【『カブキブ!』『ひなこのーと』『世界の闇図鑑』……『けもフレ』主題歌に続くアニソンは?】や【『つぐもも』『恋愛暴君』『ひなこのーと』……今期アニメ注目OPテーマを徹底分析】といった形で紹介してきた。

 今回は、先日の第一弾【米津玄師、夏代孝明、神聖かまってちゃん…2017年春アニメ主題歌で注目のネット発アーティスト】に続き、インターネットを出自とし、今期のアニメ主題歌を担当するアーティストと、その楽曲について紹介。前回は男性アーティストの楽曲を中心に展開したが、後編では女性アーティスト4組をピックアップしたい。

ClariS「ヒトリゴト」(『エロマンガ先生』オープニングテーマ)

 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』でおなじみ、伏見つかさ(原作)とかんざきひろ(イラスト)によるライトノベルのアニメ化作品『エロマンガ先生』。アニメーションをA-1 Picturesが担当するということで、いくら面白くともタイトルで見ない人がいるのでは、と思いきやあれよあれよと話題に。ClariSのオープニングテーマ「ヒトリゴト」も、アニメのコミカルでキュートな世界観を見事に助長した楽曲だ。これまでロック・ポップ調の楽曲が多かった彼女たちだが、今回は四つ打ちのビートに合わせてスカ調のホーンセクションとギターカッティングが心地よい、新たな扉を開いたといえる。これまで顔出しをせずに活動していたが、今回のMVでは本人たちらしきシルエットが登場。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のオープニングテーマ「irony」でデビューした経緯も踏まえ、今回の起用は特別なものであるからこそ、楽曲・MVともにここまで冒険に出たのだろう。

ClariS 『ヒトリゴト』Music Video(Short Ver.)

DAOKO「拝啓グッバイさようなら」(『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』エンディングテーマ)

 前作『もしも僕らがGAMEの主役で / ダイスキ with TeddyLoid / BANG!』で様々な振り幅を見せたDAOKOの新曲は、元Superflyのコンポーザーであり、現在は音楽プロデューサーとして活躍する多保孝一、BNSI(株式会社バンダイナムコスタジオ)所属のゲームサウンドデザイナー/コンポーザーとして『アイドルマスター』シリーズなどで名曲を生み出してきたTAKU INOUEとの共作。20歳を迎えたことも作用してか、これまでのようなエッジの立ったリリックは少し影を潜めつつ、柔らかな印象のワードを多用しているからか、ポップスとしての強いパワーを持った楽曲。人気スマホゲームを原作としたアニメ『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』のエンディングテーマということもあり、同世代やさらに若いファンを多く獲得することになりそうだ。クリエイティブ・ディレクター川村元気氏×映像ディレクター関和亮監督によるMVも必見。

DAOKO『拝啓グッバイさようなら』MUSIC VIDEO

      

「ClariS、たぴみる、DAOKO、鹿乃…2017年春アニメ主題歌で注目のネット発女性アーティスト」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版