>  >  > Pyxisが体現した声優ソングの“強度” 

メジャー初ワンマン『Pyxis Live 2017 "Pyxis Party" ~First Love 注意報!~』レポート

Pyxisが体現した“ポップス特化型声優ソング”の持つ強度

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20170208-pyxis7.jpg

 

 終盤はTVアニメ『デュエル・マスターズ VSRF』(テレビ東京系)のエンディングテーマでもあり、サビの2人によるユニゾンが伸びやかで心地よい新曲「FLAWLESS」を初披露したところからスタート。歌詞にある<ダイア◇ハート>をモチーフとした装飾が施された純白の衣装も一層目を引く。80年代の歌謡曲を思わせる「初恋の棘」や“タオル曲”の「トキメキセンセーション!」と、疾走感のあるギターロック風サウンドが特徴のレア曲「Jewel」を続けた。「Jewel」は、初のワンマンライブ『Pyxis 1st Live Pyxis Party 2016 〜 Happy Valentine’s Day 〜』のメモリアルブック特典CDにしか収録されていないレア曲だ。

 ラストの楽曲前、伊藤は「たくさんの曲が一気に増えて、早く皆さんの前で歌いたかったし、すっごく楽しかった。結成発表はここの半分の半分くらいの規模の場所でやったのに、1年と少しで赤坂BLITZの舞台が埋まるなんて」とコメント。豊田は「もともと0cmくらいだった距離がマイナスくらいになった。食い込んじゃった(笑)」と活動を通して2人の距離が一層近づいたことを明かす。最後のライブ定番曲である、甘々なエレクトロポップ「Shiny day」では、サビが終わってラストのコーラスになってもファンが左右に手を振り、名残惜しそうにするなか、2人はステージを後にした。

 ソロ・グループ・ユニットと様々な形態で活躍する声優が多い昨今だが、Pyxisはそれぞれの立ち位置を明確化しつつ、Stylipsもソロ活動とも違ったポップスとしての魅力を提示してみせた。これからシーンを背負うなかでさらに忙しくなるであろう2人だが、2017年はどんな新たな魅力を表現してくれるのだろうか。

(取材・文=中村拓海/写真=江藤はんな)

■セットリスト
『Pyxis Live 2017 “Pyxis Party” ~First Love 注意報!~』
1月15日(日)赤坂BLITZ<1st>

01.First Love 注意報!
02.新しいキミ
03.Please!Please!
04.ハズム恋リズム
05.恋でした
06.13番
07.ジェリービーンズ・ダイアリー (Like Cover Girl)
08.Dear Honesty
09.カフェモカ・サイド
10.Welcome! My best friend
11.FLAWLESS
12.初恋の棘
13.トキメキセンセーション!
14.Jewel
15.Shiny day

■リリース情報
Pyxis 1stシングル『FLAWLESS』
発売:2月22日(水)
価格:初回限定盤(CDM+DVD)¥1,800+税
通常盤(CDM)¥1,200+税

オフィシャルサイト
ロッカンミュージックレーベルサイト

      

「Pyxisが体現した“ポップス特化型声優ソング”の持つ強度」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版