>  >  > AKB48、人気回復のカギはチーム8?

AKB48 人気回復の起爆剤となるか? チーム8 小栗、倉野尾、坂口らへの期待

関連タグ
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年はAKB48 チーム8が快進撃を展開する。現在のチーム8にはそう予感させる勢いと、それを裏付けるトピックがある。1月14日、15日の2日間で6公演に渡り開催されたイベント『新春!チーム8祭り』、そしてその公演内で発表されたチームエリア毎のCS放送・ラジオ番組のスタートと、地上波初冠番組『AKB チーム8のブンブン!エイト大放送』(日本テレビ系)の放送開始だ。

 

 2014年4月に結成されたチーム8は、47都道府県から代表1名ずつの47人で構成されている。全力のパフォーマンスは「初期のAKB48」を彷彿とさせ、それに呼応するかのように通称“エイター”と呼ばれるチーム8のファンの応援も熱狂的だ。AKB48とは一線を画す存在として独自の進化を遂げてきたチーム8に対し、AKB48グループ総監督を務める横山由依が『AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2016』の終演後に発言した「チーム8は“AKB48さん”のコンサートにおじゃまさせてもらってるっていつも言っているけど、チーム8が私たちに大きく影響を与えてくれている」という言葉は、AKB48におけるチーム8の立ち位置をよく示したものだ。

 『新春!チーム8祭り』の初日3公演は、『小栗有以の乱』『倉野尾成美の乱』『坂口渚沙の乱』と題し、メンバー3名がそれぞれ初となるソロコンサートを行うというものであった。「チーム8のみならず、AKB48の未来をも担う3人」として期待される彼女たち。小栗有以は、「2万年に一人の美少女」として話題になり、女子中高生ファッション誌『ラブベリー』の専属モデルにも決定。最新シングル『ハイテンション』の表題曲選抜メンバーにも選ばれ勢いの波に乗る小栗は、パフォーマンス中の表情の豊かさで多くのファンを魅了してきた。

 『AKB48 45thシングル 選抜総選挙』にて第34位に輝いた倉野尾成美は、チームを奮起させる努力家だ。『ネ申テレビ』(ファミリー劇場)の夏合宿企画ではセンターポジションに立候補し、何度もセンターを務めてきたメンバーを抑えセンターの座を勝ち取った。『AKBINGO!』(日本テレビ系)にて、MCの村本大輔が行った自身の推しのメンバーを1位にするという選定に対し、倉野尾が涙を流しながら「AKB48は顔じゃなくて努力」と訴えかけたことは彼女の勝気な精神性を表している。

 ソロコンサートのトリを飾る坂口渚沙は、その整ったルックスから結成当初より高い人気を誇る。チームBとの兼任、ユニット「虫かご」への抜擢など、期待を一身に背負いながら、選抜総選挙では倉野尾に次ぐ第70位に位置する。落ち着いた印象とは裏腹に、持ち前のアピール力から発揮される何事にも全力で向き合う姿勢が魅力の一つだ。

      

「AKB48 人気回復の起爆剤となるか? チーム8 小栗、倉野尾、坂口らへの期待」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版