>  >  > ぼくりり&藤原さくらが『3月のライオン』主題歌に

映画『3月のライオン』主題歌、ぼくりり新曲&藤原さくらのスピッツ「春の歌」カバーに決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『3月のライオン』の主題歌を、ぼくのりりっくのぼうよみと藤原さくらが担当することが決定した。

20170112_3lion300.jpg

 

 同作品は、2部編成となっており、前編と後編でそれぞれが主題歌を担当する。3月18日より公開の前編は、ぼくのりりっくのぼうよみの「Be Noble」に、4月22日公開の後編の主題歌は、藤原さくらの「春の歌」となる。

 ぼくのりりっくのぼうよみの「Be Noble」は、1月25日に発売の2ndアルバム『Noah’s Ark』に収録する原曲にアレンジを施した「Be Noble(re-build)」。藤原さくらは、スピッツの名曲「春の歌」をカバーして主題歌を担当。原作者・羽海野チカが漫画『3月のライオン』連載構想時に、同曲を聴きながらイメージしていたという、本作の原点とも言える楽曲を披露する。

 なお、あわせて公開された予告映像には、両編の主題歌「Be Noble」「春の歌」が使用されている。

映画『3月のライオン』予告編(2)

ぼくのりりっくのぼうよみ コメント

20170112-bkrr.jpg

 

主人公の零君が、必死に足掻き自分の居場所を求める様子に感動しました。その姿から、Be Noble(=気高くあれ)というタイトルを思い付きました。エンドロールに流れるこの曲とともに、観終わった皆さんの中で、本編の余韻がより深く響いていくことを願っています。

藤原さくら コメント

20170112_fujiwarasakura.jpg

 

登場する人たちが、皆ひたすら人間らしく、愛おしい、「3月のライオン」。原作がもともと大好きだったので主題歌のお話を頂き夢のような気持ちでした。本作の原点にもなったというスピッツさんの「春の歌」に作品から受け取った愛を込められて心から幸せに思います。

■映画情報
『3月のライオン』
前編:3月18日(土)
後編:4月22日(土)2部作・全国ロードショー
(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
監督: 大友啓史
原作: 羽海野チカ『3月のライオン』(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本: 岩下悠子 渡部亮平 大友啓史

<出演>
神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬 亮
前田 吟 高橋一生 岩松 了 斉木しげる 中村倫也
尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
伊藤英明 / 豊川悦司
配給:東宝=アスミック・エース

映画公式サイト
映画公式Twitter:@3lionmovie
映画公式Facebook

「映画『3月のライオン』主題歌、ぼくりり新曲&藤原さくらのスピッツ「春の歌」カバーに決定」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版