>  > HINTO伊東×クリープハイプ小川対談

ギタリスト2人が、曲作りと楽器・機材へのこだわりを語る

HINTO 伊東真一×クリープハイプ 小川幸慈対談「信頼関係があるから自分のギターを追求できる」

関連タグ
クリープハイプ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20161003-hintocreep-6.jpgHINTO 伊東真一

「HINTOにいるときが、一番いろんなアイディアを放り込める」(伊東)

――その音を劣化したと捉えるか、独自の音と捉えるのかの差ということですね。では、小川さんからも今回メインで使用したエフェクターを教えてください。

小川:strymonのディレイは結構使ってますね。設定が幅広くできて、繊細だなと思っていて、クリアにもできるし、曇らせたりもできるし、すごく使いやすくて好きです。あと僕ジャズマスターを使ってるんですけど、結構リヴァーブをかけて、アームの揺れ具合で音を作ることも多いです。

伊東:クリープハイプって生々しい「バンド」というイメージだったから、「鬼」でモジュレーションがかかったような音が出てきて、「こういう飛び道具っぽいアプローチもするんだ」と結構意外に感じました。

小川:今回尾崎の持ってくる曲にソウルっぽい空気感があったりして。だったら、こっちも新しいアプローチをしようと思って、家でスタジオのテイクを聴きながら、頭の中で鳴る音を探してたときに、シンセじゃないけど、ピーって鳴るような音が浮かんだので、フランジャーをかけて、アームで揺らしたものを入れたんです。

――小川さんと言えばジャズマスターというイメージが強いのですが、やはり思い入れは強いですか?

小川:弾いたときの分離感が気持ちいいんですよね。弾きにくかったり、ちょっとサスティンが短いと感じる部分もあるんですけど、そういうところも含めて好きだし、僕が使っているモデルは普通のより少し丸っこい、甘い感じがして、そこもすごく気に入ってます。

――伊東さんは今のメインはテレキャスターですよね?

伊東:そうですね。SPARTA LOCALSのときはストラトで、テレキャスはずっと持ったことなかったんですけど、グレアム・コクソン(ブラー)がすごく好きだったので、憧れはあったんです。実際使ってみると、ストラトよりももっとガッツがある感じの、ゴリッとしてる音だったので、使っていくうちに段々馴染んできたというか。レコーディングだと他にもいろいろ使うんですけど、ライブは今ほぼテレキャスだけですね。

――まさに、グレアムもいろんな音を出すギタリストですもんね。ちなみに、歪みに対するこだわりはいかがですか?

伊東:自分の歪みはそんなに多彩じゃないと思っていて。クリープハイプの新作ではファズを使ってますよね。僕もファズを使いたいんですけど、難しいじゃないですか? アンサンブルに入るとどうしても埋もれちゃうので、なかなか使えなくて、歪みに関しては、SPARTA LOCALSのときから使ってるものを、今もずっと使っているんです。

20161003-hintocreep-7.jpgクリープハイプ 小川幸慈

――小川さんに関しては、まさにファズがひとつの特徴ですよね。

小川:Rainger FXというブランドのファズがあって、これがすごくバカバカしい音がするというか。あれを初めて「社会の窓」で使用して、それ以来「困ったときはこれ」という感じで使ってます。今回だと「破花」のギターソロがそうですね。

――先ほどクリープハイプの曲は人間臭さが求められるっていう話もありましたが、ファズはその象徴のような気がします。

小川:そうかもしれないですね。怒りだったり、そういう感情を表現しやすいというか。まだ歌詞がない状態でもスタジオで尾崎が歌ってるときの表情を見ると、怒ってるなというテンションを感じるときがあって、そういうときは自然とファズをチョイスしてることが多いです。

――ちなみに、エフェクターを買うときのポイントってありますか?

伊東:僕は結構見た目で選びますね。見た目でグッと来ないものは買わないです。見た目にこだわってるというのは、作った人の意志がそこにまで注がれてるともいえるじゃないですか。だから、見た目のかっこ良さと音のかっこ良さは比例してると思っていて、試奏しないで買うことも結構あります。

小川:確かに、さっき言ったRainger FXは作りも面白くて、あのメーカーのシリーズはみんな形が変だし、そういう部分は音に出てますよね。

――じゃあ、キッズたちはお金はないかもしれないけど、思い切って見た目で選んだら、意外といい出会いがあるかもしれないですね。

小川:ジャケ買い的な感じですよね(笑)。

伊東:たまにはずれることもありますけどね(笑)。でも、昔のエレハモのエフェクターも、単純にモノとしてかっこいいし、自分の足元にあるとテンション上がるから使っていた部分もあるので、実は結構大事なのかなって思いますね。

――では、最後の質問です。HINTOの『WC』と、クリープハイプの『世界観』は、偶然にも最後の曲がそれぞれ「ザ・ばんど」と「バンド」なんですよね。なので、「お二人にとってのバンドとは?」という質問で締めようかと思います。

小川:4人が集まってひとつのことをやっていくのって、上手く行くときと行かないときもそうでもないときもあって。本当に生きものみたいだなって思うんですけど、そういうことをひっくるめてバンドなんだと思うんですよね。これまで生きてきて、自分がホントに熱中できたのはギターであり、バンドだけなので、これをずっと追い求めて行きたいです。今回のアルバムを作って、今までよりバンドに広がりが出たので、まだクリープハイプとしてできることがあると思ったし、自分が楽しみながら長く続けて行きたいと思える、すごく大切な居場所です。

伊東:僕は、意識しないでもそこにあるという感じなんですよね。起きて、ギター弾いて、リハ行ってという、自分のサイクルの中に当たり前のようにバンドがある。で、僕はいくつかバンドをやってますけど、やっぱりHINTOにいるときが一番リラックスしてるというか、誰に対しても気を使わずに、一番自然な状態でいれて、表現する場としても、一番いろんなものを放り込めるんです。家族といる感覚に近いというか、そんなに話すわけでもなく、どんどん自然な状態に近づいていて、信頼関係で任せる部分もどんどん広がっているので。だからこそ、自分のギターをとことん追求できるんですよね。

20161003-hintocreep-8.jpg

 

(取材・文=金子厚武/撮影=竹内洋平)

HINTO

■リリース情報
HINTO『WC』
発売日:2016年9月21日(水)
価格:¥2,315+税

<収録曲>
01. なつかしい人
02. ガラスのハート
03. かるま
04. デート
05. 悪魔の実
06. star
07. 花をかう
08. 風鈴
09. ザ・ばんど

■ライブ情報
『HINTO “WC” release ONE-MAN TOUR 2016』(※終了分は割愛)
2016年10月8日(土)愛知 名古屋 CLUB UPSET
2016年10月10日(月・祝)福岡 UTERO
2016年10月21日(金)大阪 梅田 Shangri-La
2016年10月30日(日)東京 渋谷 WWW

■関連リンク
HINTOオフィシャルサイト

クリープハイプ

■リリース情報
『世界観』
発売日:2016年9月7日(水)
初回限定盤【CD+DVD】¥3,700+税
通常盤【CDのみ】¥2,750+税

<CD収録曲>
01.手
02.破花
03.アイニー
04.僕は君の答えになりたいな
05.鬼
06.TRUE LOVE
07.5%
08.けだものだもの
09.キャンバスライフ
10.テレビサイズ(TV Size 2’30)
11.誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる
12.愛の点滅
13.リバーシブルー
14.バンド

<初回限定盤DVD収録内容>
短編映画「ゆーことぴあ」
ミュージックビデオ「鬼」
メイキング映像「ゆーことぴあ」「鬼」

■ツアー情報
『熱闘世界観』 (※終了分は割愛)
2016年10月7日(金)AZTiC laughs(米子)
2016年10月8日(土)festhalle(高松)
2016年10月10日(月・祝)DRUM LOGOS(福岡)
2016年10月15日(土)CLUB CHANGE WAVE(盛岡)
2016年10月16日(日)HIPSHOT JAPAN(郡山)
2016年10月23日(日)桜坂セントラル(那覇)
2016年11月4日(金)なんばHatch(大阪)
2016年11月5日(土)なんばHatch(大阪)
2016年11月9日(水)Zepp Tokyo(東京)
2016年11月10日(木)Zepp Tokyo(東京)
2016年11月13日(日)ファクトリーホール(札幌)
2016年11月17日(木)Zepp Nagoya(名古屋)
2016年11月19日(土)BLUE LIVE HIROSHIMA(広島)
2016年11月26日(土)PIT(仙台)

■関連リンク
クリープハイプオフィシャルサイト
クリープハイプ 『世界観』スペシャルサイト

「HINTO 伊東真一×クリープハイプ 小川幸慈対談「信頼関係があるから自分のギターを追求できる」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版