>  >  > 欅坂46は“大人”を敵として時代を描く

宗像明将のチャート一刀両断!

欅坂46は“大人”を敵として時代を描く 「世界には愛しかない」で示されたコンセプト

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2016年8月8日~2016年8月14日のCDシングル週間ランキング(2016年8月22日付)(ORICON STYLE)

 2016年8月22日付の週間CDシングルランキングでは、欅坂46の「世界には愛しかない」が堂々の1位。セカンド・シングルで32万枚以上を初週で売り上げました。これはデビュー・シングル「サイレントマジョリティー」の初週売り上げを約6万枚ほど上回る数字です。

 「サイレントマジョリティー」についてはこの連載でも取りあげましたが(参考:欅坂46「サイレントマジョリティー」の突破力! 楽曲とMVの創作意図を読み解く)、「世界には愛しかない」に関しては個人的に大きな違いがありました。2016年8月5日〜7日に開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」で欅坂46のライヴを見て、「世界には愛しかない」をリリース前に生で聴くことができたのです。

 欅坂46は、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」の2日目である8月6日から出演しました。最初のステージは、11時25分から25分間ほど、野外ステージの「SMILE GARDEN」で行われました。私は都合がありこのステージを見ていませんでしたが、Twitterのタイムラインからは何か「事件」が起きたかのような空気が伝わってきました。「世界には愛しかない」とだけツイートしている友人が複数人いたことも、それに拍車をかけました。みんなどうしたんだ、と。

 そして、その8時間後。私もまた「世界には愛しかない」とだけツイートしかねない状態に突入していました。8月6日の19時25分から30分ほどHOT STAGE(Zepp DiverCity TOKYO)で行われたライヴを見たからです。欅坂46のダンスは、一糸乱れぬほど統率の取れたもので、横一列になって身体を反らせる光景だけでも強烈なカタルシスをもたらしました。これほどのパフォーマンスの完成度を誇る大人数のグループは、久しく記憶にありません。それほど鮮烈なステージでした。

 そして、MCではメンバーの素の部分が見えるような気もしましたが、しかしその進行はすべて準備されているのであろうと感じる部分もありました。そうした部分も含めたステージ全体の完成度の高さにも感嘆したのです。最初から「余白」までちゃんと用意されているのですから。

 そして、「世界には愛しかない」はHOT STAGEでも歌われました。ポエトリーリーディングだと言われていましたが、実際に聴くともっとセリフ的な要素が強く、これをシングル・カットしてくる度胸にも驚きました。白戸佑輔作曲によるコード進行の開放感や、野中“まさ”雄一編曲によるアコースティック感を押しだしたサウンドも、クオリティの高い仕事です。そして、欅坂46と「大人」を対照的なものとして描く秋元康の姿勢は、「サイレントマジョリティー」から一貫しています。

 「語るなら未来を…」(Type-A、Type-B、Type-C収録)は、プログラミングにストリングスやアコースティック・ギターの音色が絡む楽曲。「世界には愛しかない」より緊張感の強い曲調です。

 平手友梨奈のソロ曲「渋谷からPARCOが消えた日」(Type-A収録)もまた「大人」を敵とした楽曲です。そして楽曲の舞台は、建て替えのために2016年8月7日をもって一時休業に入った渋谷PARCO。このタイムリーさも、時代の空気を反映していた「サイレントマジョリティー」に通じるものがあります。「大人」を敵としながら時代の空気感を描くのが欅坂46のコンセプトではないかと感じるわけです。

 「公園通り」という言葉が出てくる歌詞には、小沢健二の1995年の「強い気持ち・強い愛」もふと連想しました。しかし「渋谷からPARCOが消えた日」は、むしろ1980年代の中森明菜を連想させるような憂いに満ちた楽曲です。「誰とどこにいて何してたのかなんて / 制服のそのシワが答えてる」というセクシャルな一節が織りこまれているのも秋元康らしい歌詞。そして、それを歌うのは15歳の平手友梨奈であるわけです。

 なお、この連載で「サイレントマジョリティー」を取りあげたときは、1998年の映画「ラブ&ポップ」との関連性について言及しました。「ラブ&ポップ」という映画の三大要素は、「真夏」「渋谷」「工事現場」だと私は考えています。そして、「真夏」「渋谷」「工事現場」の要素をすべて満たしてしまう楽曲が「渋谷からPARCOが消えた日」なのです。「ラブ&ポップ」的なるものは、セカンド・シングルにも継承されていました。

      

「欅坂46は“大人”を敵として時代を描く 「世界には愛しかない」で示されたコンセプト」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版