>  > Swimyが表現するエンターテインメントの形

メジャーデビューシングル『あっちむいて』インタビュー

Swimyが提案する、音楽エンタメの新しい形「一人でいることの意義を感じる音楽を作れたら」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 男女トリプルボーカルのロックバンド、Swimyが、シングル『あっちむいて』でメジャーデビューを果たす。

 2013年に現体制となり、関西を中心に活動してきた彼ら。昨年にはタワーレコード限定でミニアルバム『ラブルと宇宙』をリリースし、3人の歌声を活かしたカラフルな音楽性でライブハウスシーンの注目を集めてきた。アニメ『銀魂゜』エンディングテーマとなった「あっちむいて」も、疾走感とキャッチーなメロディを持った一曲だ。

 リアルサウンド初登場となる今回は、バンドの音楽的なルーツ、そして「一人でいることを肯定したい」というその価値観を語ってもらった。(柴那典)

「僕のバンドに対する理想は、みんなが歌うもの」(Takumi)

ーー今回のデビューシングルは、いろんな遊び心や仕掛けを詰め込んだ楽曲だと思います。Takumiさんが曲を作っているそうですが、どんなところから楽曲のモチーフが生まれるんでしょう?

Takumi:基本的には散歩している時とか歩いているときに出てくることが多いですね。メロディーやリズムを頭の中で完成させて、そこから取り掛かる。で、DTMソフトで形にしたものをメンバーに聞かせることが多いです。

ーー最初に浮かぶのは?

Takumi:最初に思いつくのはサビのメロディーですね。そこを一番大事にしています。今回の曲も〈あっちむいて こっちむいて〉という言葉とメロディーが同時に浮かんできた。そこが最初にできて、さらにどんな歌詞をつけていこうかということで作っていきました。

ーーメンバーの皆さんはそのデモを聞いた段階でどんな感じがしましたか?

みっけ:すごく新鮮だったし、すぐに口ずさんでましたね。

タイキロイド:ボクモスグニオボエマシタ。トテモ、キャッチーダトオモイマシタネ。

ーーそもそもこの4人がSwimyというバンドとして集まったのは、どういう経緯だったんでしょう?

平成のまお:もともとTakumiと私が高校の軽音で一緒で、そこで一緒にバンドをしていたのが前身なんですね。で、私とみっけは保育園からの幼なじみで、音楽とは関係なくずっと仲が良くて。ドラムが出来ることも知っていたし、Takumiは一緒にやりたいとずっと言っていて。

Takumi:で、まおと一緒にSwimyの前身バンドを組む前に高校生の時にコピーバンドを一緒にしていた時があって、その時にすごいギターが上手いなって思っていたのがタイキロイドだったんです。で、前身バンドでボーカルが抜けてしまって、僕とまおの2人で歌うようになって、男女ツインボーカルになって。で、2013年にみっけとタイキロイドを誘って、そこからトリプルボーカルのバンドとしてやってきたんです。

ーーみっけさんもずっとドラムを叩きながら歌っていたんですか?

みっけ:いや、それは違うんですよ。ずっとドラムだけで、Swimyに入ってから歌うようになりました。

ーー男女トリプルボーカルのバンドにしようという意図は、どういうところにあったんですか?

Takumi:そもそも、僕のバンドに対する理想として、みんなが歌えた方がいいんじゃないかというのがあるんです。みんなが歌えた方がより面白いし、僕らが聴いてきたポピュラーな音楽もそうだった。たとえばアイドルとか、ジャニーズの音楽とか、そういう日常生活で聞いてきたポップスの音楽ってボーカルが沢山いるグループが多いじゃないですか。それがバンドになった途端にそういうルールじゃなくなるのはおかしいなと思って。バンドだってそういうスタイルでいいじゃないかと思うんです。だから、トリプルボーカルを名乗りつつ、結構ライブではタイキロイドも歌ったりするんですよね。

ーーポップスや歌謡曲を聴いて育ってきたということですが、それはどの辺りなんですか?

Takumi:母親が聴いていた音楽とか、小さい時に聴いていた音楽はすごく心に残ってます。ゴダイゴさんとか、今でもグッときちゃうんですよね。そういう歌謡感のあるメロディーはすごく好きです。

ーーみなさんが憧れて育ってきたのはどんな人たちですか?

平成のまお:昔はテレビで音楽番組をよく観ていて。ジャニーズ系のグループとか、SPEEDとか、そのあたりにすごく憧れてました。

ーージャニーズはどの辺?

まお:Kinki Kids、V6、TOKIO、SMAP……ほぼ全部かも(笑)。姉と一緒に机の上で踊りながら歌ったりしてました。

ーーTakumiさんもそういうものを聴いて育った?

Takumi:めちゃめちゃ聞いてましたね。KinKi Kidsとか、小学生のころに振り付けまで真似してましたし。中学生の時はORANGE RANGEをめちゃめちゃ聴いてました。

みっけ:私はまおと幼稚園から一緒で、中学生までは一緒の音楽を聴いたりしたんですけど、高校から激しい方に行ったんです。ドラムもツインペダルにして、DIR EN GREYをコピーしたり。ガゼットとか、スリップノットも好きでした。

タイキロイド:ボクハズバヌケテB’zガスキデシタ。マツモトサンガヒーローデシタ。B’zバッカリキイテ、ヘヤニヒキコモッテズットギターバッカリヒイテマシタ。

ーーTakumiさんとまおさんはジャニーズ的なアイドルに憧れていたわけですよね。そこは、楽器を持ってステージに立つということに直接は結びつかないわけで。

Takumi:確かにそうかもしれないですね。

平成のまお:確かに、私もベースを弾くとは思わなかったですね。バンドを聴くよりモーニング娘。とか、歌って踊ってる人ばっかり追っかけていた。

Takumi:結果として今もバンドを続けているっていうのは、高校生の時に初めてバンドを組んだ時の衝撃が大きいかもしれないですね。自分のルーツには歌謡曲があるんですけれど、その一方で高校生の時にバンドを初めて組んだ時に洋楽のロックに衝撃を受けて。その頃はずっと洋楽ばっかり聴いてました。

ーーそれはどのあたりでした?

Takumi: ザ・ユーズドとか、フロム・ファースト・トゥ・ラストとか、ニュー・ファウンド・グローリーとか、イエロー・カード、シンプル・プランとか、マイ・ケミカル・ロマンスとか。その辺とかも大好きなんです。

「Swimyが提案する、音楽エンタメの新しい形「一人でいることの意義を感じる音楽を作れたら」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版