>  > Gacharic Spinのエンタメ魂

2ndシングル『Don't Let Me Down』インタビュー

Gacharic Spinが『ドラゴンボール改』EDで見せるエンタメ精神 「振り幅の広さがガチャピンの良さ」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シングルなのにアルバムみたいな感覚で楽しめる」

150604_m.jpgまい(パフォーマー1号)

──「Don’t Let Me Down」は楽曲自体が今までのGacharic Spinの曲と比べるとすごくストレートで、ギターソロ含め演奏も変に凝ったことをやらずにド直球という印象があって。

KOGA:たぶん日高さんが『ドラゴンボール』のテーマソングという、それこそ小さい子からお年寄りまでが観るアニメというのを意識して書いてくださったストレートさなんでしょうね。だから自分たちが意識するというよりは日高さんが考えてくださったことを、シンプルにそのまま表現しただけで。

──カップリングの2曲と比べると、すごく新鮮に映ります。

KOGA:そうですね(笑)。こういう素晴らしい曲を日高さんにいただいたんで、うちらも負けないように、私たちは私たちのものを作らなきゃねっていうのもあったし。なので、日高さんは師匠というか先輩でもありライバルでもあるという、本当にいい出会いだったなと思います。

──「Don’t Let Me Down」でGacharic Spinを知った人がカップリングで真のGacharic Spinの姿を知るというのも面白いですよね(笑)。

TOMO-ZO:確かに(笑)。しかも「TAMASHII」と「夢喰いザメ」とでは全然タイプが違うし。

KOGA:そういう振り幅の広さがガチャピンの良さなので。3曲ともタイプはバラバラだし、シングルなのにアルバムみたいな感覚で楽しめると思います。

──「Don’t Let Me Down」がストレートな曲なぶん、カップリングでは違ったことをやろうとは意識しました?

はな:そうですね。歌詞やサウンド、アレンジ含めてガチャピンらしさを詰め込めるだけ詰め込もうと。歌詞をしっかり届けるメッセージ性の強い「TAMASHII」、楽曲的にもエフェクティブで面白いことに挑戦している「夢喰いザメ」と、デジタルサウンドを基盤にしながらもそれぞれアプローチの仕方は全然違うものに仕上がったと思います。

KOGA:バランスはすごくいいと思うんです。Gacharic Spinってこういう見た目だからメッセージソングっていうイメージはあんまりないと思うんですけど(笑)、実際にはメッセージ性の強い歌詞が多いんです。特に「TAMASHII」はそのメッセージ性と、それぞれが見せるテクニックのバランス感がすごく取れた曲だと思うので、聴いてもらえばガチャピンが伝えたいこと、ガチャピンの歴史とかメンバーそれぞれのプレイとかすべてをわかってもらえるんじゃないかなと思います。

「この6人でGacharic Spin、まずは生のステージを観て」

1500604_a.jpgありさ(パフォーマー2号)

──そして「夢喰いザメ」は別の意味で歌詞が興味深いなと思いまして。いろいろと深読みできる内容ですよね。

オレオ:こういうふうに深読みもできる歌詞というのは、ガチャピンでは珍しいかなという気がします。今までは思いをストレートに伝える歌詞が多かったけど、今回はちょっと大人な匂いがするというか。

──実際「Don’t Let Me Down」や「TAMASHII」のようなストレートな歌詞の後に「夢喰いザメ」を聴くと、ドキッとしますし。そういう意味でも面白い3曲になりましたね。そしてただ聴くだけではなく、演奏する姿やダンスを含めた視覚要素が加わることで初めてGacharic Spinの音楽が完結する。だからこそライブが重要になってくるわけですよね。

オレオ:そうですね、CDで聴くだけで終わってほしくはないですね。

KOGA:「夢喰いザメ」は旗を使う、かなりカッコいいダンスなので、この6人でパフォーマンスしてるところを観てほしいなと思います。

まい:このシングルではちょっと今までとは違うことをやらせてもらってるので。「夢喰いザメ」では旗を使ってるし、「TAMASHII」はまだライブではやってないんですけど、表現力を重視しているし。「Don’t Let Me Down」ではただ激しいだけじゃなくて、もっと振り幅が広がったダンスが見せられるので、たくさん得るものがあったと思います。

KOGA:パフォーマーとしての見せ方が3曲すべて違うので、ライブで観てもらったらすごく面白いと思うんですよ。あくまでもこの6人でGacharic Spinなので、楽曲を聴いていいなと思ったりちょっとでも興味を持った人はまず生のステージを観に来てもらえたらなと思います。そこでいいなと思ったらCDを買ってもらっても全然OKです。できれば先のがいいけど(笑)。

オレオ:曲を覚えてから来たら、より楽しめるしね。

──「Don’t Let Me Down」なんてまさにテレビで観て覚えてからライブに行ったらより楽しめるし、さらに他の曲でGacharic Spinの本質を知ってカルチャーショックも受けると。

全員:(笑)。

KOGA:でも最近はファミリーで来るお客さんも実際に増えていて、ちっちゃい子が一緒に真似して踊ってくれるんです。お母さんは、はな推し、お父さんはTOMO-ZOとオレオを推して、子供たちはダンスをやってるからガチャダンの2人を推してますとか。そういう意味では『ドラゴンボール改』をきっかけにそういうファミリー層がもっと増えたらいいなと思います。ライブにはいろいろ興味を引くアイテムが用意されてるので、来た人には1つでも拾ってもらえたらうれしいです。

──今後もライブがいろいろ控えているんですか?

KOGA:ツアー自体は秋にアルバムが控えてるので、それを携えたワンマンツアーがあって、ファイナルを11月29日にZepp Tokyoで迎える予定です。その前の7月、8月はフェスだったり自分たちの企画イベントだったり、ツアー並みにライブが決まってるという(笑)。

──不特定多数の人たちが集まるフェスやイベントでこそ、今回の「Don’t Let Me Down」はその威力を発揮する重要な1曲になるんじゃないかと思います。

KOGA:そうですね。しかも聴いていてハッピーになれる曲だし。このシングルの3曲はこれからライブでガンガンやっていくと思うので、これらの曲と一緒にどんどん成長していけたらと思います。

(取材・文=西廣智一/撮影=竹内洋平)

■リリース情報
『Don’t Let Me Down』
発売:2015年6月3日
初回限定盤【CD+DVD】
<CD>
01 Don’t Let Me Down
02 TAMASHII
03 Don’t Let Me Down‐Instrumental-
04 TAMASHII-Instrumental-
<DVD>
Don’t Let Me Down(Music Video)
メイキング

VIZL-830 ¥1,667(税抜)

通常盤【CD】
<CD>
01 Don’t Let Me Down
02 TAMASHII
03 夢喰いザメ

VICL-37053 ¥1,296(税抜)

■イベント情報
Gacharic Spin シングル「Don’t Let Me Down」リリース記念インストアイベント(ミニライブ+特典会)
2015年6月6日(土) 12:00~
開催場所:タワーレコード 新宿店 7F
http://tower.jp/store/event/2015/06/055060612

全力エンターテイメント・ガールズ・バンド、Gacharic Spin
メジャー第2弾シングル『Don’t Let Me Down』発売記念!写真撮影&握手会
2015年6月20日(土) 19:00~
開催場所:dues新宿
http://diskunion.net/metal/ct/news/article/2/51914

http://gacharicspin.com/

「Gacharic Spinが『ドラゴンボール改』EDで見せるエンタメ精神 「振り幅の広さがガチャピンの良さ」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版