>  >  > 乃木坂西野、顔相学的にどうなのか

乃木坂46・西野七瀬の魅力を顔相学から分析 顔の構造は上戸彩似?

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 続いて、番組では「素顔検証」として、打ち合わせスペースに隠しカメラを設置し「ディレクターがどうでもいい話を始めたら」「ディレクターに突然『可愛くなった』と言われたら」を検証。後者の内容について、西野は顔を紅潮させて喜び、VTRを見るメンバーから「可愛い」という声が続出した。また、同様の検証を他メンバーに行った結果、秋元はニヤつき、桜井はディレクターを小馬鹿にした態度に。能條が照れた様子を見せると、池袋氏は「『こいつ私のこと好きそう』と興奮している」とコメント。続いて池袋氏は、松村が手を頬に当てて喜んでいることについて「意識してやってる」と分析したあと、“愛されない顔”について「ダントツで桜井さん」と鑑定し、その理由について「常に半笑いだから」と語った。

 2つ目の鑑定は、メンバーが描いた「好きな動物の絵」を心理カウンセラー・前田京子氏が分析した「愛され絵相学」。まずは西野が書いた馬について、前田氏が「人間から愛される馬を書いたということは、やはり愛されているということ」と評すと、続けて同氏は「影までしっかり描いているのは腹黒くない証拠」と絶賛した。これに対し、西野は「思ったことがあれば嫌われてもいいから正直に言う」と打ち明けた。ほかにも前田氏は、ライオンを書いた若月について「男らしい。可愛さを出していくのは無理ですね」と語り、能條の描いた猫を見て“愛されにくい女王”と断定。その理由について「独立心の強い猫を描きながら、しっぽは振っているのでちぐはぐ」とコメントした。

 なお、メンバーがパジャマ姿でオンエアを振り返る「NOGIROOM」のコーナーでは、西野、桜井、橋本、松村、齋藤飛鳥の5人がパジャマ姿になってトークを行った。huluと日テレオンデマンドでは、毎週同コーナーの未公開分が配信されている。

 西野七瀬をさまざまな観点から分析し、他メンバーとの比較を行った今回の放送。次回は「応援団」に変身する企画を放送する予定だ。

(文=向原康太)

      

「乃木坂46・西野七瀬の魅力を顔相学から分析 顔の構造は上戸彩似?」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版