赤西仁、自主レーベルからの新曲は約4万枚売上げ 芸能界復活への足がかりとなるか 

 5位のSTYLE FIVEは『涼宮ハルヒ』シリーズなどで名を馳せた京都アニメーションによる女子向けアニメ最終兵器『Free!』の第2シリーズ主題歌。3万枚はなかなかの数字だが、昨今のアニメものといえばやっぱり『ラブライブ』のμ’sが2月にリリースしてデイリー1位も獲得した『タカラモノズ/Paradise Live』が超ロングヒットを続けて10万枚に手が届きかけていることで、それに比べればおとなしい印象。アニメ関係のCDはアイドルを筆頭とする3次元ものと違ってまだ複数アイテムやイベント参加券の封入に及び腰で、なかなか初動に目立った動きが期待できない。μ’sなどはDVDやBlu-ray販売のほうで3次元アイドル並みのイベント参加券商法をやって大成功させているので、CDのほうでも似たような動きが増えれば売り上げ的には面白くなるのだが。

 あとトップ10で気になるのは9位のゲスの極み乙女。だろうか。メジャーリリースとしては4ヶ月振りの2作目で、そこそこペースが早いながらも前作のミニアルバムを初動でわずかに上回った。リリース戦略的にはようやく軌道に乗せ始めたばかりのバンドではあるが、今後の伸びに期待したい。

■さやわか
ライター、物語評論家。『クイック・ジャパン』『ユリイカ』などで執筆。『朝日新聞』『ゲームラボ』などで連載中。単著に『僕たちのゲーム史』『AKB商法とは何だったのか』『一〇年代文化論』がある。Twitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「チャート一刀両断!」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる