>  >  > ボートレース×ダンスミュージックで何が?

ボートレース×ダンスミュージックで何が起きる? DAISHI DANCEが手がける「BOAT Me!!」MV公開へ

関連タグ
DAISHI DANCE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140805-boat.jpg

 

 ボートレースがいま面白いことになっている。このCMをご覧になった方も多いはずだろう。

[BOATNYA] CM -ALL BOATNYA DANCE-

 白/黒/赤/青/黄/緑とボートレースの6色カラーで猫を模したセクシーな衣装を身にまとった女性たち。彼女たちはボートレースを盛り上げるために結成された「ボートニャー」。覆面をしているため正体がわからないながらも、CM内で披露する抜群のスタイルと官能的なダンスや表現は「美人だな」と確信してしまう。(ボートニャーレッドだけぽっちゃり体型だが……。)

 このボートレースのCMは多くの視聴者の興味を惹きつけた。徐々にメンバーの正体が明かされていく内容は、インターネット上でも話題になり、各カラーの正体を検証するサイトも現れた(原稿執筆段階では、レッド、ブルー、ブラック、イエローの正体が判明している)。

20140805-boat3.jpg

 

 これまでのイメージとは一線を画するCMもそうだが、「ボートレースが面白いな」と思えるもうひとつの注目すべき点は、“ボートレースと音楽の融合”を図ったプロジェクト「ROKU音」がスタートしたことだ。

 このプロジェクトは、2014年に開催される国内の6つのビッグレースと連動し、国内の実力派DJたちとタッグを組み、福岡/名古屋/東京/大阪のクラブともコラボレートしていくというもので、プロジェクトのオリジナルサウンドを手掛けているのは、ご存じDAISHI DANCE。世界中を飛び回り、メロディアスなハウスからEDMまで常に最新のサウンドを操り、年間150本以上のギグをこなす国内トップDJであり、加藤ミリヤやBIGBANGなどに楽曲を提供する敏腕プロデューサーとしての顔も持つ。

20140805-boat4.jpg

 

 そんな彼がボートレースを盛り上げるために手掛けた楽曲が「BOAT Me!!」。空間的なシンセ使いなどエレクトロ・ハウスを軸にした昂揚感溢れるプロダクションに加え、ブレイクの直前には「1,2,3,4,5, ROKU!!」のボイスが挿入されるなど、クラブでプレイされれば間違いなくピークタイムのものだし、逆に普段ダンスミュージックになじみのない人が聴いても、「かっこいいな、この曲」と思わせる絶妙なバランス感覚で成り立っている。DAISHI DANCEの本領発揮といったところだろう。

 さらにボートレース場でも、パフォーマンスを披露してくれるのが、これまたダンスミュージックファンにはおなじみのCYBERJAPAN DANCERS。

      

「ボートレース×ダンスミュージックで何が起きる? DAISHI DANCEが手がける「BOAT Me!!」MV公開へ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版