LEGO BIG MORLが明かすバンドの転機「これまでやったことのない領域に挑戦した」

「これまでの立ち位置で満足しているわけではない」(ヤマモト)

――最近のバンドシーンといえば速いテンポの曲も多いですよね。

カナタ:そういうカテゴリみたいなものも出来てるんですかね。でも僕らはそこの世界に対しては答えを出したので…変拍子だったり速いテンポの曲に関しては、今までのアルバムを通して研究し尽くした部分もあるし。

――これから各地で若い世代のバンドと共演する機会も増えると思うんだけど、キャリアを積み重ねたLEGOとしてはどんな気持ちで臨みますか。

タナカ:若い世代のバンドをライブやサーキットで見るんですけど、どのバンドも盛り上がってるし上手だし、「そら人気出るわな」って思うんですけど、僕らもこの『RAINBOW』やったり他の曲を引っ提げてこれから色んなイベントに出て、勝負できるなっていう確信はめっちゃ持てたので。勝負できるってことは勝てるってことやから。勝てない勝負はしないので。だから早く「RAINBOW」を鳴らしたいなって思います。

――演奏力も高いですし、ライブで負けることはなさそうですね。ただ一方で、コンビニなどでも流れる音楽、バンドでいうところのミスチルなどのようなポップミュージックとしてはまだ十分に機能していないと思うのですが、今回の「RAINBOW」にはそういった音楽になり得る可能性を感じました。

カナタ:リスナーへの広がりも凄く意識できるし、狭い空間で鳴ってないなとは思いますね。

タナカ:間口は広いと思います。『ブレイドアンドソウル』というテレビアニメのエンディングテーマとして使用して頂いてますし、今まで僕らを知らん人が聴いてるって思ったらワクワクしますね。たまたま俺らの音に触れるという環境にワクワクします。

――音源として色々なところで聴かれている図は想像できますか。

タナカ:触れてくれさえすればと思ってるので、「ライブ来てください」とか「音源聴いてください」って言いたいんですけどね。

カナタ:届けに行きたいですね。

――デビュー当初はルックスもいいし、すぐにテレビに出てブレイクするだろうなって思ってたんですけど……。

カナタ:すいません売れ残りで(笑)。

――いやいや、みなさんには音楽主義的で探究者っぽい部分があって、シリアスに音楽を突き詰めていったからだと思ってるんですけど。

ヤマモト:それこそこの1年間考えてきたことでもありますし、これまでの立ち位置で満足しているわけではないので。レーベル移籍をして、やっぱり少しでも耳に引っかかってもらえるようなチャンスを貰ったんで、そのチャンスを生かす楽曲として「RAINBOW」があると思っています。あとはそれに少しでも引っかかってくれた人たちに対して全力のライブを見せることが出来れば大丈夫かなって思いますね。

タナカ:ライブは復帰後に全国で何本かやったんですけど、正直手応えがありました。「RAINBOW」を大体最後の方にやってるんですけど、誰も知らんはずの曲やのに歌ってくれたり、体を動かしてくれたりしたんです。それをみて僕らもテンションが上がりました!

(取材・文=神谷弘一)

■リリース情報
『RAINBOW』
発売:4月30日(水)
価格:¥1,200(tax out)

<収録曲>
1.RAINBOW 
(アニメ「ブレイド アンドソウル」エンディングテーマ)
2.絶望は希望よりも美しい
3.Star+?

オフィシャルTwitter
オフィシャルFacebook 
オフィシャルYou Tube

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる