AKB48運営は「大組閣」で何を狙うのか 反対論を押し切って強行する意図を読む

 また、公式サイトの発表については「マイク・パフォーマンス的な意味合いもあるのでは」とさやわか氏。

「AKB48グループは、批判も含めてエンターテイメントとして機能させ、発展してきた部分が大きいグループです。組閣に関しても、批判が起こることも前提として考えているのは間違いないでしょう。もちろん運営側の発言には本音もあるかと思いますが、話題性を意識していない、ということはないはず」

 いっぽう、これからのAKB48グループの発展を考える上で、今回の大組閣には良い面も期待できるという。

「HKT48やNMB48のメンバーにとって、地方にいながら全国的なスターを目指せる状態にしていくのは大事なことかと思います。メンバーにとっても、その方が刺激になるでしょう。また、少し早すぎる感もありますが、今のタイミングでサプライズを起こすことによって、今年のシングル選抜総選挙が世間で大きな話題となる可能性は高まるかと思います」

 賛否両論となっている今回の大組閣。その決断が本当に正しかったかどうかは、次のシングル総選挙でこそ判明するのかもしれない。
(文=編集部)

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!