>  >  > 編集部の週末オススメ映画(3月16日~)

「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『リメンバー・ミー』『素敵なダイナマイトスキャンダル』

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、リアルサウンド映画部のピュアガール担当、ダンシング大和田が2本のイチオシ作品をプッシュします。

『リメンバー・ミー』

 ピクサー・アニメーション・スタジオが6年を費やして制作した、ディズニーファン待望の新作『リメンバー・ミー』。『トイ・ストーリー』、『カーズ』では“友情”を描いてきたピクサーが、本作ではメキシコを舞台に“家族”がテーマの物語を描く。

 “家族”を描くだけあって、本作の軸として描かれる主人公ミゲルの一家には、たくさんのキャラクターが登場する。ミゲルを中心として説明すると、ママ、パパ、お婆ちゃんのエレナ、お爺ちゃんのフランコ、本作の原題になっているひいお婆ちゃんのココ、今は亡きひいお爺ちゃんのフリオ(ガイコツになって登場)、ひいひいお婆ちゃんのイメルダ(ガイコツになって登場)……ほかにも数々登場するのだが、ぜひパンフレットなどを購入して確かめてほしい。これまでのピクサー作品に登場してきたキャラクター同様に、どの人物やガイコツにもすぐに愛着が湧いてしまうような個性が光っている。

 おもちゃ、モンスター、車など、さまざまな物体をキャラクター化し、アニメーションの中で動かしてきたピクサーが今回挑んだのはガイコツの動き。数多くのテストを重ね、人間とは重さもバランスも異なるガイコツの動きを、皮膚や筋肉を使わずに表現することに成功。ぜひ何体ものガイコツたちの動きに注目して、彼らの性格や個性を紐解きながら、作品を楽しんでほしい。

 また本作からは、これまでのピクサー作品を築き上げてきた人々や、作品を愛してきた多くのファンに向けた感謝の思いを感じた。エンドロール後には、制作スタッフたちからのとある仕掛けが施されている(詳細はエイドリアン・モリーナ共同監督のインタビューにて)。まだ最新作として『リメンバー・ミー』が公開されたばかりではあるが、これからもピクサー作品に受け継がれし作り手たちの思いが、今後もつながっていくことに気付き、今後の新作がより待ち遠しくなるだろう。ぜひ劇場で音楽に乗り、楽しみながら、家族の物語で心温まる体験をしてほしい。

 ■公開情報
『リメンバー・ミー』
同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』
全国公開中
監督:リー・アンクリッチ
共同監督:エイドリアン・モリーナ
製作:ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮:ジョン・ラセター
原題:Coco
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
公式サイト:http://www.disney.jp/remember-me

『素敵なダイナマイトスキャンダル』

 『リメンバー・ミー』から、だいぶ振り幅があるように感じるかと思いきや、実はちょっとだけ家族が関わってくる物語『素敵なダイナマイトスキャンダル』。隣の家の息子と、ダイナマイトを使って森の中で心中した母を持つのが主人公の末井昭。本作は、同名タイトルの自伝的エッセイを原作に作られており、主人公・末井昭は実在する人物。そして、描かれるストーリーも実話に基づいている。

 世代的にも編集部でのキャラ設定的にも、末井氏のフィールドには無縁な筆者ではあるが、劇中で主演を務める柄本佑の演技にはとても楽しませてもらった。妻・安藤サクラのInstagramなどにもよく登場している柄本だが、NHK朝ドラ『あさが来た』での眉山惣兵衛役は、「白蛇さん」と言われていた頃の不気味な人柄から、宮崎あおい演じるはつからの愛情を受けて変わっていく様子を見事に演じていたのが強く印象に残っている。『素敵なダイナマイトスキャンダル』では、末井昭役として、田舎を飛び出して工場に勤め始めてから、『写真時代』の編集者となっていく様子など、18歳から40歳までの主人公の浮き沈みを演じた。年齢と経験を重ねるに連れ変わっていく微妙な末井昭の変化を、表情や仕草で見事に体現している。

 また、リアルサウンド映画部としては、「菊地成孔の映画関税撤廃」を大好評連載中の菊地成孔氏の登場も見逃せない。末井昭とともに『NEW self』、その後に創刊される『写真時代』を支えた、世界的巨匠写真家であるアラーキーこと荒木経惟をモデルにした“荒木さん”として出演している。ほぼアドリブでの演技となったという菊地氏の登場シーンにもぜひ注目してほしい。

 リアルサウンド映画部では、主人公・末井を演じた柄本と、その妻役を務めた前田敦子による対談インタビューを掲載予定。楽屋トークのような笑いの溢れたムードの中、撮影の裏話や互いの印象を訊いている。

■公開情報
『素敵なダイナマイトスキャンダル』
3月17日(土)テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほか全国公開
出演:柄本佑、前田敦子、三浦透子、峯田和伸、松重豊、村上淳、尾野真千子、中島歩、落合モトキ、木嶋のりこ、瑞乃サリー、政岡泰志、菊地成孔、島本慶、若葉竜也、嶋田久作
監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井昭『素敵なダイナマイトスキャンダル』(ちくま文庫刊)
音楽:菊地成孔、小田朋美
主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.)
配給・宣伝:東京テアトル
2018年/日本/138分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R15+
(c)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会
公式サイト:dynamitemovie.jp

「「週末映画館でこれ観よう!」今週の編集部オススメ映画は『リメンバー・ミー』『素敵なダイナマイトスキャンダル』」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版