>  >  > 『FINAL CUT』橋本環奈コメント

橋本環奈、『FINAL CUT』クランクアップを迎え感無量 「すごく発見の多い役でした」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在放送中のドラマ『FINAL CUT』でクランクアップを迎えた橋本環奈と長野里美からコメントが到着した。

 本作は、亀梨和也演じる主人公・中村慶介が、自身の母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組関係者らに制裁を加えながら、事件の真犯人を追う姿を描いたメディア復讐劇。

 第7話では、事件の真犯人・小河原祥太を捜査線上から消した黒幕が、警察上層部の芳賀(鶴見辰吾)だと突き止めた慶介が、高田(佐々木蔵之介)も事件の真相解明のために動いていたことを知る。高田から12年前の事件当時の状況を聞き、祥太が現場にいたことを確信した慶介は、その事実を雪子(栗山千明)に突き付ける。家族と慶介の板挟みになり、激しく動揺する雪子だったが、互いの気持ちを抑えきれず、2人はついに急接近する。

 橋本は、祥太と雪子の妹で、雪子同様に慶介を好きになる若葉を演じている。ドラマ序盤では慶介とのかわいらしい恋模様や姉・雪子との仲の良いやり取りが描かれていたが、慶介の正体や目的が明らかになるにつれて、慶介や雪子との関係も変化していき、復讐劇の中で重要な役割を担うようになってきた若葉。愛らしさだけではなく、恋心から次第に暴走していく狂気の表情も披露し、女優として新たな一面を見せている。

 橋本は、若葉という役について、「今、見返してみると、序盤の何も知らない頃の若葉はすごく平和だったなと(笑)。共演者の皆さんとは、『若葉が本当は一番純粋なんじゃないか』って話しているくらい、純粋なあまりに姉の雪子を責めてたり大胆な行動に出たりと、若葉自身もどうしていくのか予測できない状況になっていきます。こんな風な気持ちになっていくんだと、すごく発見の多い役でした」と語った。

 また、本日3月6日放送の第8話については、「第8話では私が演じる若葉が、慶介のことが好きなあまり、『え、そんな行動に出るの?』という、誰もが予想できない行動に出て、主人公の慶介が絶体絶命な状況に陥ります。これは本当に見てもらうしかないと思います。ぜひ皆さん楽しみにしていてください!」と見どころを語った。

 撮影現場では、橋本に加え、若葉の母・小河原夏美役の長野里美がそろってクランクアップを迎えた。小河原家でのラストシーンを終え、長野とともに花束を渡された橋本は、3か月に渡る撮影を振り返り、「あっという間に感じましたが、すごく楽しい撮影でした。いろいろと重たいシーンや、最終回に向けて激しいシーンも多かったんですけど、すごく自分なりにも楽しめました。本当に皆さんお疲れさまでした! ありがとうございました!」と感謝の気持ちを述べた。

 また、夫・達夫役の升毅とともに、祥太、雪子、若葉の母親を演じた長野は、「皆さん、最後までお怪我がないように無事に撮り終えられることをお祈りしております。ありがとうございました!」とあいさつ。一足早く撮影を終えた2人に、大きなねぎらいの拍手が送られた。

Arrow
Arrow
クランクアップを迎えた長野里美
ArrowArrow
Slider

■放送情報
『FINAL CUT』
毎週火曜21:00~21:54(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
出演:亀梨和也、藤木直人、栗山千明、橋本環奈、林遣都、高木雄也(Hey! Say! JUMP)、やついいちろう、杉本哲太、裕木奈江、鶴見辰吾、升毅、水野美紀、佐々木蔵之介
脚本:金子ありさ
音楽:菅野祐悟
演出:三宅喜重(カンテレ)、日暮謙
プロデューサー:豊福陽子(カンテレ)
制作著作:カンテレ
(c)関西テレビ
公式サイト:https://www.ktv.jp/finalcut/index.html

「橋本環奈、『FINAL CUT』クランクアップを迎え感無量 「すごく発見の多い役でした」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版