>  >  > 周防正行監督最新作は“活劇”に

周防正行監督4年ぶり最新作、大正時代黎明期が舞台の“活劇”に 「映画の魅力が湧き上がるものに」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』などの作品で知られる周防正行監督最新作の製作が決定した。

 『舞妓はレディ』以来4年ぶりの作品となる本作で周防監督が挑戦するテーマは、自身初となる“活劇(アクション)”。映画がまだ無声映画で、“活動写真”と呼ばれていた大正時代黎明期を舞台に、その時代を生きた若者 7、8人の青春群像劇を描く。

 今後、オーディションを行い、9月に撮影に臨む予定で、2019年夏以降の公開を予定している。なお、製作・配給は東映が行う。

周防正行監督 コメント

(c)撮影・下村一喜

かつて映画はフィルムで撮影され、音もなく、モノクロだった。それは映画の青春時代だった。そんな時代に生まれた「活動弁士」は生演奏をバックに映画を解説してスターとなった。ところがこの上映方式は日本独自のものだったという。「活動写真」と呼ばれていた映画に魅了された人びとの青春を、痛快な「活劇」として描き、技術革新が続いても本質的には変わらない映画の面白さ、楽しさ、魅力が湧き上がるものにしたい。

東映(株) 代表取締役社長 多田憲之 コメント

こんな映画を待っていました! 周防正行監督から聞いた、今度のテーマは「活劇」! 東映ならではのテーマをもったその物語は、映画への愛にあふれる青春物語でした。『がんばっていきまっしょい』(1998)でご一緒して以来のアルタミラピクチャーズ作品で、周防正行監督、桝井プロデューサーと、本格的にタッグを組めることは、本当にうれしく、楽しみにしています。

■公開情報
『タイトル未定』
2019年夏以降公開予定
監督:周防正行
配給:東映

「周防正行監督4年ぶり最新作、大正時代黎明期が舞台の“活劇”に 「映画の魅力が湧き上がるものに」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版