>  >  > 上田竜也、連ドラ初主演&主題歌担当へ

上田竜也、10月クール『新宿セブン』で連ドラ初主演&主題歌担当 「すごく嬉しく光栄に思います」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KAT-TUNの上田竜也が、10月クールのテレビ東京ドラマ24『新宿セブン』で連ドラ初主演を務めることが決定した。

 同ドラマは、『漫画ゴラクスペシャル』(日本文芸社)で連載中の観月昴(作)と奥道則(画)による人気コミックを初めてドラマ化したヒューマンミステリードラマ。新宿歌舞伎町とアジアを舞台に、天才鑑定士の七瀬質屋の店主“七つ屋”の七瀬が、時計やバッグ、果ては拳銃、クスリ、臓器まで、持ち込まれる品物から依頼人の悩みを解決していく模様を描く。

 テレビ東京のドラマ初出演にして、ドラマ初主演を飾る上田は、新宿歌舞伎町にある七瀬質屋の店主で、天才鑑定士の七瀬役を演じる。歌舞伎町の誰もが認め恐れる歌舞伎町の”顔”で、幼少期、アジアを放浪し様々な修羅場を潜り抜け、鑑定眼を身につけたが全ては謎に包まれている存在だ。なお、上田は初めてソロとして主題歌も担当する。

 監督には『光と血』の藤井道人らが名を連ね、『ピーチガール』の山岡潤平や『先輩と彼女』の和田清人らが脚本を担当する。また、「ドラマ24」枠では異例の海外ロケが行われる予定だ。

主演・上田竜也(七瀬役)コメント

『新宿セブン』の出演の話を初めて聞いた時の感想

原作の漫画を読んだことがあったので、この作品をやらせてもらえるんだ!とびっくりしたのが素直な気持ちです。 自分の中でひとつ、こういった役柄は絶対にやりたいと思っていたので、引き寄せられたというか…。自分の持っているものをうまく引き出しやすい役かなと思います。決して“いい人”ではない。でも、芯に曲げたくないことは絶対的にあって。自分の中でやっちゃいけないことの信念があり、そして熱い部分を持っているので、「全然理解できない!」というよりは、自分に考え方が近いと思います。自分もこれだと思ったことを曲げたくなかったりするので、そういった面では七瀬の鑑定するときの想いだったり、性格も似ている部分があるので、勉強し甲斐があるなと思っています。

連ドラ初主演について

今まで、いろんなドラマに出させていただきまして、やることは今まで通り、「全力でやる!」ということは変わりな いのですが、やっぱり芝居が好きで、芝居をやっていくうえで、主演というのはひとつの夢だったので、すごく嬉しく光栄に思います。

役作りについて

鑑定するときの目の動きだったり、表情だったりというのは、原作を読んでいても、いろんなバリエーションがあっ たので、その辺りは、今からしっかり考えないといけないなと思っています。

アクションシーンについて

すごく楽しみですね。自分の気持ちとしてはガンガンやっていきたいです!
どんな要望にもこたえようと思いますし、やりがいがあります。

普段のトレーニングにも気合いが入るものか

そうですね。これまでの経験が今回の役につながった気がします。七瀬は、自分よりもうちょっと体格がいい役な ので、監督にも言われて、体重を増量しようかと考えています。

「ドラマ24」枠という12年の歴史を持つ枠に出演することについて

自分自身、よく観ていました「ドラマ24」に出られることを光栄に思います。この枠は他ではチャレンジしないような、攻めているイメージがあるので、この作品もそういう攻めの部分があり、みんながいいなと思える作品にしたいなと思います。

主題歌を今回初めてソロとして担当することについて

こういったことひとつひとつに参加させていただくことが、自分の成長につながっていくと思うので、充電期間に、メンバーそれぞれが成長するという役目をしっかり今回も果たして、全力で歌いたいなと思います。それがうまくドラマの世界にハマればいいなと思いますし、自分が成長することによってグループの活動に結びついていくと思っています。

4月クールの土曜ドラマ24『マッサージ探偵ジョー』に出演していた中丸雄一について

観ていましたよ。中丸君らしい、すごくハマったと役いうか、シュールでいいところが出ていましたね。
中丸君がやっていたジョーの主題歌もドラマの世界観に合ってましたが、今回自分がやらせていただくことになり、“自分の色”みたいなものが明確に出ると思うので、『新宿セブン』の世界観を自分の中でも楽しみたいと思い ます。

ドラマの舞台である新宿に思い出はあるか

ジャニーズ Jr.の時には、レッスン帰りに新宿を通っていたので、ゲーセンに行ったりとよく遊んでいました。中丸とは新宿を練り歩いてました(笑)。

視聴者へのメッセージ

キャストの皆さんとスタッフの皆さんと一緒にいろんなことを話し合って、最高の作品を届けることをお約束しますので、ぜひ楽しみに待っていてください。

プロデューサー田辺勇人(テレビ東京制作局ドラマ制作部)コメント

謎解きは質屋で!? テレ東深夜で新しい歌舞伎町伝説の開幕です!
「物には、人の想いが宿る」ーーそんな言葉があります。
質屋に持ち込まれる物にも、それを持って来る人たちにも、それぞれ特別なストーリーがあるのでは ないでしょうか?
10月クールのテレビ東京金曜深夜は、全ての欲を飲み込む街・歌舞伎町の質屋を舞台に、「物」を通して、天才鑑定士が“真実”を鑑定する痛快なヒューマンミステリードラマをお送りします!
主人公の七瀬を演じて頂くのは、ドラマ初主演となる上田竜也さん!
ビジュアルはもちろん、強さや色気、鑑定時の説得力など、まさに原作で描かれている七瀬がこの世にいたら上田さんしかいないと言っても過言ではありません! それくらいはまっていると思います。
1話完結の読後感はもちろん、最終回まで楽しんでもらえるよう脚本家チームと色々な伏線や謎を考えました。ぜひ最後の最後まで「新宿セブン」をお楽しみ下さい。そして、あっと驚く個性的で演技派の共演者の発表にもご注目!
撮影はこれから始まりますが、自分自身今から楽しみで仕方ありません! みなさんご期待下さい。
必ず傑作にします!

■放送情報
ドラマ24『新宿セブン』
10月より、テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビせとうち・TVQ 九州放送にて毎週金曜深夜0:12〜放送
テレビ大阪、毎週月曜深夜0:12〜放送
出演:上田竜也ほか
監督:藤井道人、植田泰史、佐藤源太、山内大典
脚本:山田能龍、山岡潤平、和田清人、小寺和久
音楽:末廣健一郎
原作:「新宿セブン」観月昴 作/奥道則 画(日本文芸社)
チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)
プロデューサー:田辺勇人(テレビ東京)、阿部真士(テレビ東京)、髙田良平(共同テレビジョン)
制作:テレビ東京/共同テレビジョン
製作著作:「新宿セブン」製作委員会
(c)観月昴・奥道則/日本文芸社 (c)2017「新宿セブン」製作委員会
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/shinjuku_seven/

「上田竜也、10月クール『新宿セブン』で連ドラ初主演&主題歌担当 「すごく嬉しく光栄に思います」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版