>  >  > 『山岸ですがなにか』太賀がコメント

『山岸ですがなにか』主役・太賀「俺という俳優をイジり倒された作品」 自身のゆとりエピソードも

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日7月2日からオンライン動画配信サービスHuluにて配信をスタートする『ゆとりですがなにか』のスピンオフドラマ『山岸ですがなにか』。本作で主演を務める、山岸ひろむ役の太賀が、囲み取材に答えた。

 本作は、『ゆとりですががなにか』にて会社を辞めた先輩・正和を引き継ぎ、エリアマネージャーと居酒屋『鳥の民』の店長を兼ねる多忙な日々を過ごす山岸ひろむの恋模様を描く、ラブコメディー。宮藤官九郎が、本家『ゆとりですがなにか』に続き脚本を担当する。

 昨年のドラマの放送以来、山岸に戻るにはなかなか時間がかかったという太賀。「当時の感覚を取り戻すのが難しくて、毎回汗だくになっていました」と苦戦したことを明かした。太賀は、山岸が「僕を引っ張ってくれた役」と語り、「初めて台本を読んだ時、“とんでもねぇやつだな”という印象だったんですが、理解して演じていくうちに、近いかもって思う部分もありました。宮藤さんは、そんな自分を見据えてこの脚本を書かれているんだなと思うと、本質を見抜かれている気がして、ちょっとこわく感じたりもしました(笑)」と自身と山岸の共通点について説明した。

 『ゆとりですががなにか』放送当時、周囲からどんな反響があったのかという記者からの質問に「根本的には面白がってくれていたとは思うんですが、どこに行って何を発言しても、イラつかれるようになりました。シリアスな話しをしていても、そんなつもり全くないのに『うわ、山岸でたー!』って反応されることがあったり、朝現場に行く時に、ニコニコして『おはようございます』っていうだけでプロデューサーに『ムカつく』って言われたり(笑)山岸のせいで信じてもらえない日々が続きました」と山岸のキャラクターが印象強く根付いてしまっていることを笑いまじりに話した。


 山岸を演じるに当たり、モデルとなった後輩の存在を尋ねられた太賀は「後輩にいたんですよ。具体的なところでいうと、本人が言葉を放ってるトーンと場のトーンが合ってないないのに関係なく喋り続けるとか、ずっとニタニタしていたりするところとか。厚顔無恥と言いますか。本人に、『山岸って役はお前からヒントもらったんだよね』と伝えたら、全く理解してなかったですけどね」と明かした。

 『ゆとりですががなにか』でも、数々の名言を残してきた山岸。本作の中で、お気に入りのセリフを尋ねられた太賀が「『Hulu(フールー)』のことを『フルウ』って言い続けるシーンがあって、その短い言葉の中にものすごいインパクトと破壊力があるなと思って。見終わったあとも、尾を引く感じはありますね(笑)」と語った。


山岸セリフ「フルウ」動画

      

「『山岸ですがなにか』主役・太賀「俺という俳優をイジり倒された作品」 自身のゆとりエピソードも」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版