>  >  > 『SING/シング』吹替版特別予告編公開

長澤まさみのシャウトやスキマスイッチ大橋卓弥の歌声も 『SING/シング』吹替版特別予告映像

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ミニオンズ』『ペット』の ユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントが贈るアニメーション映画『SING/シング』より、吹替版特別予告映像が公開された。

 本作は、『リトル・ランボーズ』のガース・ジェニングス監督が手がけたミュージック・エンターテインメント。取り壊し寸前の劇場支配人バスター・ムーンが、名劇場と呼ばれた頃の栄光を取り戻すため、世界最高の歌を求めて一世一代のオーディションを開催する模様を描く。本国版では、マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリー、ジェニファー・ハドソンらがキャストに名を連ねている。

『SING/シング』吹替版特別予告映像

 このたび公開されたのは、内村光良(コアラのバスター・ムーン役)、長澤まさみ(ヤマアラシのアッシュ役)、スキマスイッチ大橋卓弥(ゴリラのジョニー役)、トレンディエンジェル斎藤司(ブタのグンター役)、MISIA(ゾウのミーナ役)、大地真央(ヒツジのナナ・ヌードルマン役)ら吹替版キャストの歌声が響き渡る、吹替版特別予告映像。

 内村が吹替を務めるコアラの主人公バスター・ムーンが主催した歌のオーディションに、街中の動物たちが集結する様子が描かれている。ブタのグンターに扮したトレンディエンジェル斎藤がレディー・ガガの「バッド・ロマンス」を歌う様子や、ヤマアラシのアッシュに扮した長澤まさみがシャウトする姿、ゴリラのジョニーに扮したスキマスイッチ大橋がサム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー」を歌う様子などが映し出されていく。

20170301-SING-sub1.jpeg

 

20170301-SING-sub2.jpeg

 

20170301-SING-sub3.jpeg

 

■公開情報
『SING/シング』
3月17日(金)全国ロードショー
監督・脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーほか
吹替版演出:三間雅文
日本語吹替版音楽プロデューサー:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
配給:東宝東和
(c)Universal Studios.
公式サイト:http://sing-movie.jp/

「長澤まさみのシャウトやスキマスイッチ大橋卓弥の歌声も 『SING/シング』吹替版特別予告映像」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版