>  >  > 『ダゲレオタイプの女』特報&ビジュアル公開

黒沢清監督の海外進出作『ダゲレオタイプの女』、拘束器具と“生と死”描いた特報&ビジュアル公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20160530-LaFemmedelaPlaqueArgentique.jpg『ダゲレオタイプの女』ティザービジュアル

 『クリーピー 偽りの隣人』の公開を6月18日に控える黒沢清監督の海外進出作品『ダゲレオタイプの女』より、ティザービジュアルと特報が公開された。

 本作は、黒沢清監督が初めてオール外国人キャストで全編フランス語で撮り上げたホラー・ラブロマンス。世界最古の写真撮影方法「ダゲレオタイプ」が引き寄せる愛と死を描く。

 主人公のジャンを演じる『消えた声が、その名を呼ぶ』のタヒール・ラヒムのほか、『女っ気なし』のコンスタンス・ルソー、『サンドラの週末』のオリヴィエ・グルメ、『あの頃エッフェル塔の下で』のマチュー・アマルリックらがキャストに名を連ねる。

 このたび公開されたティザービジュアルには、ダゲレオタイプの撮影に使われる拘束器具の前に立ち、ブルーのドレスを着て遠くを見つめるルソーの姿が捉えられ、“その撮影は永遠の命を与える愛。”のコピーが添えられている。

『ダゲレオタイプの女』特報

 あわせて公開された特報では、ダゲレオタイプの説明とともに、芸術家の狂気を受け止めてしまう娘マリー役のルソー、惑わされていく男ジャン役のラヒムらの姿が映し出される。

■公開情報
『ダゲレオタイプの女』
10月より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開
出演:タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー、オリヴィエ・グルメ、マチュー・アマルリック
監督・脚本:黒沢清
撮影:アレクシス・カヴィルシヌ
音楽:グレゴワール・エッツェル
フランス=ベルギー=日本合作/原題:La Femme de la Plaque Argentique
製作:FILM-IN-EVOLUTION – LES PRODUCTIONS BALTHAZAR – FRAKAS PRODUCTIONS -LFDLPA Japan Film Partners(ビターズ・エンド、バッブ、WOWOW) – ARTE France Cinéema
配給:ビターズ・エンド
(c)FILM-IN-EVOLUTION – LES PRODUCTIONS BALTHAZAR – FRAKAS PRODUCTIONS – LFDLPA Japan Film Partners – ARTE France Cinema

「黒沢清監督の海外進出作『ダゲレオタイプの女』、拘束器具と“生と死”描いた特報&ビジュアル公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版