>  > 『グリーン・インフェルノ』が描く真の恐怖

食人ブームの真打『グリーン・インフェルノ』に見る、イーライ・ロス監督の恐怖の原点

関連タグ
イーライ・ロス
グリーン・インフェルノ
ホステル
ホラー
加藤ヨシキ
洋画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人が人を食う…「食人」は文明社会最大のタブーのひとつであり、それゆえにフィクションにおいてキャッチーな題材である。食人は見る者を惹きつけるフックとして、昨今の人気ドラマや超大作映画でよく見かける。超A級の予算でゾンビ映画が作られ、トップスターによる食人ドラマが制作される昨今の状況を省みれば、むしろ食人モノは昔よりカジュアル(?)になったとも言えるだろう。

20151109-gi06.jpg

(c)2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly EntertainmentInc.

 そんなちょっとした食人ブームの真打が、本作『グリーン・インフェルノ』だ。過激かつ傲慢な環境保護活動を行う若者たちが、ひょんなことからジャングルで食人族に捕まってしまい、1人ずつ食われていく…。これ以上ないほどシンプルな粗筋ながら、ショッキングなシーンと素晴らしいユーモア、そして様々なツイストを加えて最後まで飽きさせない。怖いシーンは本当に怖く、爆笑させるシーンは本当に爆笑させる。このバランス感覚は、さすが『ホステル』で知られる残酷映画の若き雄であるイーライ・ロス監督、見事な手腕といえるだろう。

20151109-gi03.jpg

(c)2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly EntertainmentInc.

 本作の見どころと言えば、人間が生きながらにして文字通り食肉加工されるショッキングなシーンや、どこか牧歌的でユーモラスな食人族の描写、往年の食人族映画へのさりげないオマージュなど、枚挙にいとまがない。しかし、それらは既に多くのメディアで語り尽くされている点であろうから、今回は敢えて詳しくは言及しない。その代わり、本稿では劇中で存在感を発揮するあるキャラクターを通して、イーライ・ロスが作り出す恐怖の源流に迫ってみたい。

20151109-gi02.jpg

(c)2013 Worldview Entertainment Capital LLC & Dragonfly EntertainmentInc.

 本作には、「大義を達成する為なら、手段は問われない」という危険な思想を持った大学の環境保護サークルが登場する。主人公はこのサークルと出会った為に、緑の地獄=グリーン・インフェルノに向かうことになるわけだが、このサークルのリーダーであるアレハンドロ(アリエル・レビ)こそ、実はもう1人の主人公と言っていいだろう。アレハンドロはカリスマ性溢れる男であり、主人公は崇高な思想と、高い行動力を持つ彼に魅了されていく。しかし、話が進むにつれて、徐々に「彼がただの善良な理想家ではないのではないか?」という違和感が高まっていく。そして、彼らが食人族に捕まる段になると、彼が単なる悪人であることが露呈する。しかし、物語はここで終わらない。そこから監禁生活が進むにつれて、アレハンドロが単なる悪人を超えた、とんでもない異常者であることが判明するのだ。明日には生きたまま食われるかもしれないという切迫した状況の中、アレハンドロが「ストレス解消だ」と、ある行為を始めるシーンは、筆者としては本作最大の見どころだと断言しよう。そして、このアレハンドロというキャラクターの扱いにこそ、ロス監督の作家性、そしてロス監督が演出する恐怖の源流があると言える。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版