>  >  > 細田守×ミスチル桜井、創作を語る

細田守とミスチル桜井、創作について語り合う 細田「価値観をひっくり返すことに醍醐味がある」

関連タグ
Mr.Children
NEWS ZERO
アニメーション
バケモノの子
書き起こし
桜井和寿
細田守
音楽
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 公開中の『バケモノの子』監督・細田守と、同映画の主題歌を担当したMr.Childrenの桜井和寿の対談が、19日放送の『NEWS ZERO』(日本テレビ)で放送された。たがいに制作スタイルや作品づくりの苦悩、自分の子どもとの親子関係について語り合い、「七転八倒ですよね」(細田)、「いいものが作れなくなることへの怖さはすごくある」(桜井)などの本音も飛び出した。

 2人はこの日が初対面で、まずは細田が作品づくりについて「どのように作っていって、どういうところが苦しいのか」と質問。桜井は「できるだけ作るということから遠いところに自分の意識を置くほうがよくて。自転車乗っているときとかお風呂に入っているとき、まったく何も余計なことを考えていないときに、ふとメロディーが流れ出すんですよね」と制作スタイルを語った。また、「夢占いってあるじゃないですか。見た夢が人間の潜在意識のなかでどういう意味を持つのかがわかる占い。あれとすごく似ているかもしれないです」と自己分析した。歌詞は最初の1行から順番に書き始め、「2番ではこんなことを言って、最後のサビではこんなことを言い切る、とかは考えずにやっている」とのこと。

 細田は「いやあ、それはすごいですね」と感心した様子を見せ、話題はアニメーションづくりの苦悩へ。『バケモノの子』の絵コンテは、細田が1人で約9ヶ月かけて仕上げたものだ。「自分の志に対して、なかなか自分の実際の作業が追いつかないことが多くて、それでもう七転八倒ですよね。毎回、あまりにも何も出てこない自分に嫌気がさすくらい」と語り、"何でもないときにパッと思いつく"という桜井に対して「いいなぁって......」と、羨ましさを覚えたことを明かし、桜井を笑わせた。

 桜井は、細田アニメの"景色"について質問。「細田さんの映画は、日本特有の田舎の景色とかをすごく大事にしていらっしゃるなのかなと。あと、日常や生活っていうものを」と感想を述べ、そうしたイメージがどこから生まれるのかを問う。すると細田は「若いころは自分が好きな映画監督の作品や、本、美術作品、歴史上の名作などから、すごく大きな刺激を受けていたと思うんですよ」と答えるが、しかし、現在2歳半になる息子が生まれてからは、もっと身近なものに影響を受けるようになったという。『バケモノの子』が生まれたことも、息子の存在がきっかけだったそうだ。

     
  • 1
  •  
最新作品レビューもっと見る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版