>  >  >  > Stevie Wonder

Stevie Wonder

(スティーヴィー・ワンダー)

時間・場所・シチュエーションを問わず、スティーヴィー・ワンダーの音楽は常に万人に愛されている。例えば、地球上に彼の大ヒット・ナンバー「スーパースティション(迷信)」が流れない場所が存在するだろうか。スティーヴィーは現代音楽史上最高のソングライターであり、その音楽スタイルを模倣するアーティストたちがどんなに追随してもそれを寄せつけない才能を持っている偉人だ。ジャズ/レゲエ/フュージョン/ロック/ファンク/ソウル……あらゆる要素を融合したワンダーの作品はどれも美しく壮大で、聴く者を必ずや酔わせるのである。
<モータウン>所属時代、つまり10代の頃には、シングル作品を中心に多くの作曲を手がけ、数多くのヒット・ソングを誕生させた。その後、『トーキング・ブック』、『インナー・ビジョン』、『キー・オブ・ライフ』といったアルバムを次々に発表。“真のアーティスツ・アーティスト”へと進化していったのである。その作品はどれも政治色が濃く、スピリチュアルなムードに満ち溢れ、そして、限りなくソウルフルだ。またなによりも、ワンダー自身が多種多様な楽器を縦横無尽に弾きながら、さまざまなゲスト・ミュージシャンたちと共に音楽の旅を楽しんでいるのが素晴らしいではないか。
一度聴いたら忘れられない歌声、ハーモニカやキーボードの音色、そしてトレードマークでもあるビートに合わせて首を左右に振る仕草……それらに人々は微笑み、踊り、また喜びに満たされるのである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版