> Dry & Heavy

Dry & Heavy

(ドライ・アンド・ヘヴィー)

おそらく日本でもっとも低音が唸っているバンド。Audio Active のドラマー “Dry” こと七尾茂とベーシストの “Heavy” こと秋本武士が出会う。レゲエという音楽がいつまでも輝きを失わない理由をドラムとベースの強さに見出し、91年、リズム隊として “Dry & Heavy” が結成される。95年、”和製マッド・プロフェッサー” の呼び声高いダブエンジニア内田直之、リックル・マイと井上青の二人ヴォーカリスト、V.I.P.クルーから外池満広と堀口馨が参加し現在の編成に至る。
その活動は日本だけにとどまらず、Asian Dub Foundationとのコラボレーションや大規模な欧州ツアーの敢行、英国レディングで開催された「WOMAD UK 2000」には唯一の日本アーティストとして出演するなど、実に多岐にわたる。
“The Sly & Robbie of Shinjuku” とも称され、レゲエがけっしてリゾートミュージックではないことを体現し続けるライヴ・ダブ・バンドである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版