> Babyface

Babyface

(ベイビーフェイス)

マンチャイルド、ディールなどのファンク・バンドを経て、ソロ・アルバム『ラヴァーズ』(86年)を発表したシンガー/プロデューサー、ベイビーフェイス。彼が披露する楽曲にはブラック・ミュージック特有のマッチョ感や、甘美さ、ストリートっぽい泥臭さという“黒い要素”は皆無である。——感情を抑制気味にした、しなやかでたおやかなハイトーン・ヴォイスを、人間的慈愛に満ちた優しいメロディの上に乗せていく。そんなポップス寄りとも言えるライト感覚のR&Bサウンドは全世界的に好評を博し、2nd『テンダー・ラヴァー』(89年)はダブル・プラティナムというセールスを樹立。そして3rd『フォー・ザ・クール・イン・ユー』(93年)では、現在のベイビーフェイス・サウンドに多く見られるアコースティックな質感を強めたスタイルを披露するようになり、続く4th『ザ・デイ』(96年)でそのスタイルは一層顕著になる。彼のリラックスした歌声とハート・ウォーミングなトラックの音色は、絶妙に抜群に、ピッタリとマッチした。
シンガーとしての活躍のみならず、マドンナ/ホイットニー・ヒューストン/TLCといったビッグ・アーティストたちのプロデュースも手がけ、さらに『ため息つかせて』、『ソウル・フード』などの映画サントラまで監修——そのいずれもが大ヒットを記録している。まさに“ハズレ知らず”という風情だ(った)。
05年現在、作品は堅調にリリースしているものの、ベイビーフェイスが以前のように途轍もなく大きな話題になることはない。キャリアの安定期、とも言えるが……。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版