>  >  > 坂本真綾ら名曲揃い!アニソン最前線

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.108

坂本真綾、花澤香菜、田所あずさ、petit milady、楠田亜衣奈……名曲揃い!アニソン最前線

関連タグ
花澤香菜
坂本真綾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本のエンタメにおけるアニソンの重要性については、いまさら言及するまでもないだろう。作詞家、作曲家、アレンジャーなどの才能が集まり、アニソンシーン全体のクオリティは確実に上がり続けている。そこで今回は坂本真綾、花澤香菜などの新作を紹介。名曲が揃ったアニメソング(とゲームソング)最前線をぜひ味わってほしい。

坂本真綾『逆光』(MAAYA盤)

  まずは、坂本真綾。前奏はダークファンタジー的な雰囲気のストリングス。バンドが加わると同時に疾走感が増し、ドラム、ベース、ギターによる緊張感のあるアンサンブルとまったく先の展開が読めない旋律が響き渡る。さらにそのテンションが最高潮に達した瞬間に大胆な転調、解放感に溢れたサビのメロディへとつながる。スマートフォン向けゲームのヒット作『Fate/Grand Order』の第2部『Fate/Grand Order -Cosmos in the Lostbelt-』の主題歌「逆光」。the HIATUSの伊澤一葉が作曲・編曲を手がけたこの曲は、高度な音楽技術と奔放なアイデアがせめぎ合うアッパーチューンに仕上がっている。起伏に富んだメロディを正確に描き出しながら、絶望の淵から大切な人に向けられた歌詞をわかりやすく伝える坂本真綾のボーカルは圧巻のひと言。言葉を伝える力と的確な音程力を持ち合わせた、本当に稀なシンガーだと思う。

坂本真綾「逆光」MV(Short ver.)

花澤香菜『大丈夫』(初回生産限定盤)

 TVアニメ『レイトンミステリー探偵社〜カトリーのナゾトキファイル〜』(フジテレビほか)エンディングテーマとして制作された花澤香菜の「大丈夫」は、槇原敬之の作詞・作曲によるオーガニックな雰囲気のナンバー。軽快なリズムに乗る朗らかなメロディライン、〈心に響く声だけを/信じて歩きだせば〉という前向きな歌詞、ギター、管楽器などの生楽器の響きを活かしたアンサンブルは、ふわっと柔らかな花澤香菜の声質、そして、彼女が演じているアニメの主人公カトリーエイル・レイトンのキャラクターとしっかり重なっている。アニメの作品性、シンガーの個性、楽曲制作者の作家性が有機的に絡み合う、理想的なアニメソングと言えるだろう。カップリングには花澤が作詞、佐橋佳幸が作曲・編曲を担当した、切なくも愛らしいオーガニックな夏ソング「夏のしおり」を収録。

花澤香菜「大丈夫」(Short Ver.)

田所あずさ『RESOLVE』(アーティスト盤)

 格闘家の選手が激しい戦いを繰り広げるMVも話題を集めている田所あずさの7thシングル『RESOLVE』は、格闘技アニメ『バキ』(TOKYO MX1ほか)のエンディングテーマ。命を削って戦いを繰り広げるアニメのキャラクターに向けたメッセージを軸にしたこの曲は、キレと激しさを兼ね備えたバンドサウンド、強烈なエモーションを放出するメロディ、そして、攻撃的な姿勢と〈光を絶やさないで〉という母性にも似た感情を描き出すボーカルがぶつかり合うアッパーチューンだ。作曲・編曲は、PENGUIN RESEARCHHのギタリストとしても活躍している神田ジョン。デビュー以来、一貫してロックにこだわってきた田所の、ロックシンガーとしての魅力をしっかりと引き出している佳曲だ。

田所あずさ「RESOLVE」MV Full

      

「坂本真綾、花澤香菜、田所あずさ、petit milady、楠田亜衣奈……名曲揃い!アニソン最前線」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版