>  >  > 『LUNATIC FEST.2018』1日目レポ

『LUNATIC FEST.2018』1日目レポート

今年は“横の軸”広がるラインナップに LUNA SEA主催『LUNATIC FEST.』1日目レポ

関連タグ
LUNA SEA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月23、24日千葉・幕張メッセ国際展示場1~6ホールにて、LUNA SEAの主宰するフェス『LUNATIC FEST. 2018』が開催された。

 さまざまな伝説を生んだ第一回同様、この狂おしき奇跡のフェスは、どんなドラマを我々に見せてくれるのであろうか。本記事では初日公演の模様をレポートする。

LUNACY

Arrow
Arrow
RYUICHI
ArrowArrow
Slider
 

 まずは、「Opening Act」として、LUNA SEAが結成当初の名義“LUNACY”として、MOTHER STAGEに降臨した。1曲目の「SHADE」のイントロから沸き立つフロア。立て続けにハードコアナンバー「SYMPTOM」を繰り出した後、「皆集まってくれてありがとう、今日は思いっきり楽しんでくれよ!」と、RYUICHI(Vo)。そして、J(Ba)のベース音が重く響き渡り、未CD化のレア曲「NIGHTMARE」を披露。その圧倒的な存在感に、ただひれ伏すしかなかった。

coldrain

Arrow
Arrow
RxYxO
ArrowArrow
Slider
 

  赤いライトが揺らめく中、バンドロゴが浮かび上がる。MOON STAGEの先陣を切ったのは、二度目の出演となるcoldrain。彼らの轟音を前にして、フロアではダイバーも発生するなど、まだ午前中とは思えない盛り上がりを見せる。Masato(Vo)が連続出演であることに触れ「主宰者のヤバさ、集まったメンツのヤバさを考えたらーー、貴方たちは何も考えずに、ただ楽しむだけだと思うんで!」とオーディエンスを鼓舞し、「GONE」をエモーショナルに奏であげ、ラストのハイスピードナンバー「THE REVELATION」まで、アツすぎる30分を駆け抜けた。

女王蜂

Arrow
Arrow
ひばりくん
ArrowArrow
Slider
 

 一方のMOTHER STAGEは女王蜂の独壇場だ。真っ赤なライトで染まったステージ、おなじみの登場SE「DECISIVE BATTLE」(『エヴァンゲリオン』の戦闘BGM)を響かせ颯爽とメンバーが姿をあらわす。序盤から「金星」、「ヴィーナス」でフロアを艶やかに彩っていく。アヴちゃん(Vo)が、「スペシャルゲストをお呼びしております、Jちゃん!」と呼び込み、2017年に開催された氣志團『THE GREAT ROCK’N’ROLL SEKIGAHARA』以来の奇跡のコラボ・J王蜂による「デスコ」にオーディエンスは歓喜の声をあげる。ラストの「告げ口」は圧巻。徹頭徹尾、自らの世界を見せつけた。

The BONEZ

Arrow
Arrow
ZAX
ArrowArrow
Slider
 

 ドラムセット前に集合し、気合い入れからスタートしたのはThe BONEZ。「Until you wake up」、「Bird ~people with wings~」とアクセル全開でMOON STAGEをヒートアップさせていく。「てめえらが買ったその一枚のチケットで、とくと今日楽しんでくれる奴らはどんだけいますか?」という、JESSE(Vo&Gt)の言葉からの「Rude Boy」でオーディエンスに火をつける。「奇跡を見たくないですか? 見たことないことを見たくないですか?」、Jを迎え入れての「Hey, You」で、さらに熱狂は加速していく。“1枚のチケット”での出会いに誇りを持ち、ライブバンドとしての矜持をしっかりと感じさせてくれた。

ACE OF SPADES

Arrow
Arrow
TAKAHIRO
ArrowArrow
Slider
 

 MOTHER STAGEには、フェス自体が初出演となるACE OF SPADESが登場。90年代の王道J-ROCKを彷彿とさせるサウンドを幕張に響かせる。TOKIE(Ba)、MOTOKATSU(Dr)による強靭なリズム隊、そして縦横無尽に駆け巡るHISASHI(Gt)のギターと、TAKAHIRO(Vo)の甘く力強い声が広がっていく。「LUNA SEAの皆さん、このフェスに関わる多くのスタッフの皆さん、お声がけいただいて本当にありがとうございます!」とお礼を述べるTAKAHIRO。続いてLUNA SEA・INORAN(Gt)と共に「Louder」を披露。フェス初出演とは思えない、堂々とした佇まいのステージであった。

back number

Arrow
Arrow
清水依与吏
ArrowArrow
Slider
 

 MOON STAGEではback numberが、瑞々しい「青い春」に続いて、アッパーチューン「MOTTO」で畳み掛け、一体感を醸成させたかと思えば、しっとりとした「クリスマスソング」、「瞬き」と緩急のついた巧みな構成で魅せていく。「出られて光栄です、嬉しかったっす」とはにかむ清水依与吏(Vo&Gt)、「ウダウダしゃべると安くなるので……、口調も柔らかいのでどんどん安くなるというか……。こういうステージでやれると、改めてもっと頑張って良いバンドになって帰ってきます」と、たどたどしくも熱のある言葉でこの日の喜びを伝え、最後はヒットチューン「高嶺の花子さん」で大いに盛り上がった。

GLIM SPANKY

Arrow
Arrow
松尾レミ
ArrowArrow
Slider
 

 MOTHER STAGEにはGLIM SPANKYが登場。1曲目は「アイスタンドアローン」、心地よいグルーヴが響き渡る。疾走感のある「怒りをくれよ」、松尾レミ(Vo&Gt)のアカペラから始まる「闇に目を凝らせば」でディープな空間を作り上げていく。 「学生の時に自分に今日のことを言ったら、どう思うかな」と照れながら語る亀本寛貴(Gt)に、オーディエンスからは拍手が起こった。そして、デビュー当初から懇意にしているというSUGIZO(Gt)を迎えて、「愚か者たち」を演奏する姿にフロアからは感嘆の声が漏れる。「年代が違っても同じロックが好きで、こうやって音でセッションできる、これがロックの一番の楽しみ。皆もメンバーの一員」という松尾の言葉が印象に残った。

SID

Arrow
Arrow
ゆうや
ArrowArrow
Slider
 

 MOON STAGEはSIDが登場。初期の名曲「青」を投下するとフロアからは歓声が上がる。マオ(Vo)が、このフェスに参加できたことへの感謝の言葉を述べ、「リスペクトと感謝の意味を込めて」と、LUNA SEAの「I for you」をカバー。間奏中になんとRYUICHIがステージに! マオとのツインボーカルでサビを歌い上げた。「SID15周年おめでとう!」というRYUICHIの言葉に、満面の笑みで応えるメンバーたち。「緊張した〜!」と顔を綻ばせ、「最高の思い出をありがとうございました!」とマオ。「緊張のピークは越えたので、これからはリラックスして行きます」と、代表曲「嘘」、「夏恋」「one way」などポップチューンでフロアを揺らし、最後はダウナーな「眩暈」で締めくくられた。

      

「今年は“横の軸”広がるラインナップに LUNA SEA主催『LUNATIC FEST.』1日目レポ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版