>  >  > 乃木坂46『セーラームーン』囲み取材レポ

乃木坂46 山下美月&井上小百合が“お仕置きしたい人”は? 舞台『美少女戦士セーラームーン』開幕

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46が出演するミュージカル『美少女戦士セーラームーン』が、東京・天王洲 銀河劇場にて6月8日より開幕。前日の6月7日には、公開ゲネプロと囲み会見が行われた。

 同公演は、武内直子の漫画『美少女戦士セーラームーン』を、ウォーリー木下の演出・脚本のもと舞台化したもの。乃木坂46から選抜された10名がTeam MOONとTeam STARに分かれ、Wキャストで舞台に臨んでいる。Team MOONは山下美月(セーラームーン/月野うさぎ)、伊藤理々杏(セーラーマーキュリー/水野亜美)、高山一実(セーラーマーズ/火野レイ)、能條愛未(セーラージュピター/木野まこと)、樋口日奈(セーラーヴィーナス/愛野美奈子)、Team STARは井上小百合(セーラームーン/月野うさぎ)、渡辺みり愛(セーラーマーキュリー/水野亜美)、寺田蘭世(セーラーマーズ/火野レイ)、梅澤美波(セーラージュピター/木野まこと)、中田花奈(セーラーヴィーナス/愛野美奈子)というメンバーでそれぞれ構成されており、クイーン・セレニティ役として白石麻衣も映像出演する。

Arrow
Arrow
山下美月
ArrowArrow
Slider
 

 囲み取材には、Team MOONとTeam STAR、タキシード仮面/地場衛役の石井美絵子、ウォーリー木下が参加。メンバーそれぞれが自身の役と見どころをアピールする中、山下は「5戦士の変身シーンがすごいことになってるのでそこに注目していただけたら」とコメント。同役の井上は月野うさぎの成長にも注目してほしいと語り、「色んな人と出会って成長していく姿は乃木坂46の自分と重なる」と共通点を挙げた。また、樋口は「Team MOONとTeam STARで同じストーリーをやっているのにまったく印象が違う」とWキャストへの印象を述べ、石井美絵子は「最新技術とアナログが組み合わさって、素晴らしいエンタテインメントになっている」と解説しつつ、「新しいセーラームーンの世界をこの2018年に観ることができる貴重な場だなと思っています」と本作の魅力を語った。ウォーリー木下は「最初は戸惑いも見えたのですが、みんなの中で作品の方向性が決まってからはすごく面白くなった。その頭の良さや勘の良さが舞台に出ていると思います」とメンバーの演技を賞賛した。

 原作漫画の大ファンだという高山。高山は「どれくらい愛があるんですか?」という質問に対し、「一時期、破産するかと思うくらいセーラームーングッズを買わせていただきました」とコメント。原作に登場するアイテムやTシャツ、フィギュアといった所持グッズを挙げていき、最後には「数え切れないですね。ダンボール5箱分くらいあります」と明かした。セーラームーンの決め台詞「月に代わっておしおきよ」にちなみ、山下と井上に対し「メンバーでおしおきしたい人はいますか?」という質問も。これに対して山下は伊藤理々杏と回答し、「理々杏はTeam MOONの愛され役。本当に叩きたくなるくらいかわいくて、いつもみんなで愛でてます」とコメントした。一方、井上は悩みに悩んだ末、「自分です」と答えた。

 最後にそれぞれのチームのアピールポイントについて聞かれると、Team MOONを代表して高山が「私は演技経験が少ないのですが、能條愛未ちゃんと樋口日奈ちゃんはいろんな舞台に出演している経験があるので、演技の面は2人に教わりました。(山下と伊藤の)2人は後輩なんですけど、すごくまとめてくれて」とチームワークをアピール。Team STARの井上は「Team MOONに比べたら、どちらかと言うと冷静な人間が多くて(笑)。でもすごい団結力があって。楽屋でも仲良くて楽しくて、いいチームだなと思います」と回答した。

 同公演は、6月8日から6月24日まで天王洲銀河劇場、9月21日から30日まではTBS赤坂ACTシアターにて開催される。

(取材・文=編集部)

公式サイト

「乃木坂46 山下美月&井上小百合が“お仕置きしたい人”は? 舞台『美少女戦士セーラームーン』開幕」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版