>  >  > 久保史緒里は天性の妹キャラ?

乃木坂46 久保史緒里は天性の妹キャラ? 舞台『三人姉妹』公開ゲネプロ&囲み取材レポ

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 乃木坂46 衛藤美彩、伊藤純奈、久保史緒里が出演する舞台『三人姉妹』の公開ゲネプロが、1月17日に博品館劇場(東京)で行われた。

 同作は、アントン・チェーホフ四大戯曲のひとつで、モスクワへの帰郷を夢見ながら理想と現実の狭間で揺れ動く姉妹の物語。乃木坂46の1期生である衛藤が長女オリガ役、2期生の伊藤が次女マーシャ役、3期生の久保が三女イリーナ役をそれぞれ演じている。

左から伊藤純奈、衛藤美彩、久保史緒里

 ゲネプロ前に行われた囲み取材には、衛藤、伊藤、久保の3名と演出を手掛けた赤澤ムックが登壇。久保は自身の役柄について、「イリーナは三姉妹の末っ子なんですけど、妹っぽさがすごく強いなと思っています。末っ子感がすごい出ています」と説明し、続いて衛藤は「オリガは中学校の教師で、常にいつも疲れています。ため息も多いし、あまりテンションも上がらない。声は張らないと通らないので稽古で難しいと感じました」とコメント。伊藤は「マーシャは既婚者なんですけど、妻という囲いから冒険したいと思っている不思議な役です」と自身の役を説明し、見どころとして「立っているだけで絵になるので、何もしていない時間も退屈にならないと思います。瞬きももったいないくらいなのでしっかりと見ていただきたいです」とアピールした。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider
 

 舞台稽古で苦労した点を問われた久保が「なんだろう……?」と考え込むと、「ずっとテンションが高かったのが大変だった?」と助け船を出す衛藤。久保が「そうですね! イリーナは常にテンションが高いので、それをキープするのは大変だった……かもしれない」と言い淀み、「うーん、どうしよう」と再び困惑すると、次は伊藤が「大変でした!」とフォローした。その様子を見ていた赤澤は「もはや姉妹感がありますね」とコメント。三人の印象を問われた赤澤は「短い稽古時間でしたが、全員がこの作品に向き合ってしっかり稽古ができたので、今はもう女優としての三人の印象しかありません」と語り、それぞれの演技を賞賛した。

 役の髪型について久保は「今までこの長さにしたことがなくて、髪もずっと黒髪だったので新鮮でした。けど、これ(ウィッグ)を被る度に共演者の方が可愛いよって言ってくれて、ちょっと恥ずかしかったけど嬉しかったです」と照れながらコメント。記者から「3人で仲良くする努力はしましたか?」と問われ、久保が「もとから話しやすい先輩でしたし、メイクとかも教えてくださるし、実際にやってくださるんですよ。ほんとにお姉ちゃんみたいです」と言うと、衛藤が「でもこの子、塗ったネイルをすぐにぐちゃぐちゃにしちゃうんですよ」と暴露。久保が「言っちゃダメっていったじゃないですか!(笑)」と照れ笑いを浮かべると、衛藤は「リアル三女って感じです」と付け足した。

 舞台『三人姉妹』は、1月17日から2月4日まで博品館劇場(東京)にて上演中。

(取材・文=編集部)

■公演情報
『三人姉妹』
1月17日(水)~2月4日(日)
会場:博品館劇場(東京)
原作:アントン・チェーホフ
訳:浦雅春(「ワーニャ伯父さん / 三人姉妹」光文社古典新訳文庫)
演出:赤澤ムック
出演:衛藤美彩(乃木坂46)、伊藤純奈(乃木坂46)、久保史緒里(乃木坂46) / 五十鈴ココ、岡田あがさ、美翔かずき、汐月しゅう、春川芽生、立道梨緒奈 / 柿丸美智恵 / 東風万智子

「乃木坂46 久保史緒里は天性の妹キャラ? 舞台『三人姉妹』公開ゲネプロ&囲み取材レポ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版