>  >  > 『日本有線大賞』有終の美を飾る

『日本有線大賞』テレビ放送ラストステージ 氷川きよし、AKB、乃木坂ら有終の美を飾る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月4日、有線放送に寄せられたリクエストのデータにもとづき決定される「第50回日本有線大賞」の各賞が決定した。

 「日本有線大賞」は1968年にスタートして以来お茶の間から親しまれてきた賞で、記念すべき50回目を迎える今年が最後のテレビ放送となった。『第50回日本有線大賞』(TBS系)には歴代の大賞、新人賞受賞者も登場して名曲を披露したほか、これまでの名場面を振り返る特別映像もオンエア。司会には梅沢富美男、吉田羊、進行役には江藤愛を迎え、4時間に渡って生放送された。

 第50回の大賞に選出されたのは、今回で9回目の受賞という前人未到の記録を達成した氷川きよし。氷川は番組中「僕の“人生”のような感じ」と有線大賞と自身の歩みを重ね合わせて振り返り、9回目の大賞受賞については驚きながらも「1年間熱く応援してくれた皆さんのおかげです」「これからも演歌をしっかりと歌っていきたい」とコメントした。

氷川きよし

 過去、“売れない歌手にとって希望の星”だったという有線大賞。自ら電話をかけ、自分の曲をリクエストしたといったエピソードが、高山厳はじめキャリアの長い歌手から度々聞かれた。一方西野カナ(第49回日本有線大賞受賞)が「『タイタニック』とかマライア・キャリーの曲をリクエストしていた」と有線の思い出を語ったり、JUJU(第50回有線大衆賞受賞)が「有線に育てていただいた」と発言するなど、世代を超えて愛された賞であることが伝わってきた。

乃木坂46

 また12月に発表される有線大賞は、アーティストが1年間の活動を振り返る場所としても機能してきた。今年は有線音楽優秀賞を受賞した乃木坂46 白石麻衣が、グループ初の東京ドーム公演を振り返り「今年以上に来年は頑張りたい」と意気込んだり、『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日系)の主題歌を務めた三浦大知が「子供達がライブに来てくれるようになった。家族みんなで楽しんでくれることが増えた」と語る様子が印象的だった。また年内で卒業を迎えるAKB48 渡辺麻友。キュートなパフォーマンスを見せた後、「残り少ない一つ一つの時間を大切にしたい」と笑顔を見せた。

AKB48

 このほかにもつばきファクトリー(新人賞)、欅坂46(有線音楽優秀賞)などフレッシュな顔ぶれが並んだ今年の有線大賞。新人賞を受賞した半﨑美子の両親が会場に駆けつけるなどの様子からも、アーティストの親世代や、そのさらに親世代にまでも広く知られている貴重な賞であったことを改めて感じた。今後については「番組を共に制作してきた全国有線音楽放送協会は、音楽文化の振興を目指し新たな企画を運営してまいります」(参考:『第50回日本有線大賞』)とのこと。時代の流れとともに形を変えながらも、アーティストが新たなチャンスをつかむきっかけになるような企画が生まれることを願いたい。

Arrow
Arrow
欅坂46
ArrowArrow
Slider

 

(文=村上夏菜)

「『日本有線大賞』テレビ放送ラストステージ 氷川きよし、AKB、乃木坂ら有終の美を飾る」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版