>  >  > GORILLAZは『Humanz』で何を描こうとした?

GORILLAZ『Humanz』徹底レビュー

GORILLAZ『Humanz』は2017年を代表する一枚だ 柴 那典がK・ラマー『DAMN.』と比較考察

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『FUJI ROCK FESTIVAL’17』での来日も決まっているGORILLAZが、7年ぶりのアルバム『Humanz』をリリースした。

 どうやら、これ、とんでもないアルバムである。テーマはアメリカ。急激に変わりゆく世界を見据え、暗雲立ち込める未来から目をそらすことなく、かと言って皮肉や悲嘆にくれるわけでもなく、一つの叙事詩を描くことでそれに立ち向かう気概を示している。そういう意味では、同時期にリリースされたケンドリック・ラマーのアルバム『DAMN.』と呼応するものも感じる。どちらも2017年を代表する一枚だ。

 何より語られるべきは、これが今の音楽シーンの潮流をビビッドに反映したアルバムであるということ。サウンドの根幹にあるのはヒップホップ。それもトラップ以降のモダンなヒップホップだ。そして、その向こう側にあるソウルやゴスペルも視野に入れ、つまりはアメリカの黒人音楽の歴史を総ざらいにするような内容になっている。

 フィーチャリングのゲスト陣の名前が何よりの証明だ。まずイントロに続くオープニング・トラックの「Ascension」は、ヴィンス・ステイプルズがゲストに参加している。

Gorillaz – Ascension (Official Audio)

 ヴィンス・ステイプルズは現在23歳、LA出身の気鋭のラッパーだ。2015年のデビュー作『Summertime ‘06』が高く評価され、昨年にはジェイムス・ブレイクやエイサップ・ロッキーが参加した7曲入りのEP『Prima Donna』をリリース。6月には2ndアルバム『Big Fish Theory』をリリースすることがアナウンスされている。フランク・オーシャンとも古くからの親友で、つまりは次世代のアメリカの音楽シーンを担う存在の一人と言える。

 「Andromeda」に参加しているのはD.R.A.M.。昨年にリル・ヨッティをフィーチャリングしたシングル「Broccoli」でスマッシュヒットを果たしたシンガーだ。彼も今年さらなるブレイクが期待されている。

Gorillaz – Andromeda (Official Audio)

 トランプ就任前日に突如YouTubeに公開された「Hallelujah Money」で歌っているのは英国の若き天才ソウル・シンガー、ベンジャミン・クレメンティンだ。

 他にも本作にはポップカーンやゼブラ・カッツなど売り出し中のレゲエアーティスト、ラッパーがずらりと顔を並べ、才能の見本市のような一枚になっている。中でもオルタナティブR&Bの次代を担う歌姫ケレラとダニー・ブラウンが参加した「Submissions」はアルバム最大の聴きどころだ。

 その一方、いわゆる大御所も存在感を放っている。「Momentz」にはUSヒップホップの重鎮、デ・ラ・ソウルが参加。マシン・ビートに乗せてラップを見せている。彼らは2ndアルバム『Demon Days』に収録された「Feel Good Inc.」からのコラボレーターで、前作『Plastic Beach』から続けての参加。いわばデーモンにとっては参謀役のような役割と言えるだろう。

 そして「Let Me Out」には、プシャ・Tとメイヴィス・ステイプルズが参加している。

Gorillaz – Let Me Out (Official Audio)

 プシャ・Tはカニエ・ウェストの主宰するレーベル〈G.O.O.D. Music〉からデビューし、現在はレーベルヘッドも務める実力派。そしてメイヴィス・ステイプルズは現在77歳。ゴスペル・グループ、The Staple Singersの一員として50年代にデビューし、公民権運動にも深くかかわってきたソウル・ゴスペル界の生きる伝説だ。彼女が70代とは思えない力強いボーカルを披露している。

      

「GORILLAZ『Humanz』は2017年を代表する一枚だ 柴 那典がK・ラマー『DAMN.』と比較考察」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版