>  > TOSHI-LOW × ILL-BOSSTINO、“6年目”のメッセージ

ニューシングル『不倶戴天 -フグタイテン-』特別対談

TOSHI-LOW × ILL-BOSSTINOが語り合う“6年目”のメッセージ「自分たちのやれる最後の起爆剤がある」

関連タグ
BRAHMAN
THA BLUE HERB
HARDCORE
HIPHOP
ROCK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BRAHMANが、4月12日にニューシングル『不倶戴天 -フグタイテン-』をリリースする。同作品は、「ともにこの世に生きられない、また、生かしてはおけない と思うほど恨み・怒りの深いこと。また、その間柄」(「デジタル大辞泉」より)という意味の四字熟語をタイトルに冠した3曲入りの作品。その中に収録されている「ラストダンス」は、今年、結成20周年を迎えたTHA BLUE HERBのMC、ILL-BOSSTINOとの一曲。2011年3月11日に発生した、東日本大震災による原発事故から6年が経った今だからこそ発せられるべきサウンドとリリックが込められている。

 今回リアルサウンドでは、その「ラストダンス」についてBRAHMANのTOSHI-LOWとILL-BOSSTINOの対談を行なった。楽曲を制作するに至った経緯や楽曲に込められた6年目のメッセージ、そして音楽として何を表現するか……そこには、両者が辿ってきたシーンの中での存在意義、宿命としての言葉が残されていた。(編集部)

「ここで一発、正真正銘本物のメッセージってやつを叩きつけてやりたい」(ILL-BOSSTINO)

一一以前、2013年に『PRAYERS』が出たとき、取材の帰りがけBOSSから「TOSHI-LOWに早くやろうって言っといて」と伝言をもらったんですよ。

ILL-BOSSTINO(以下BOSS):はははは! やべぇ。俺、その頃からもうTOSHI-LOWと曲やりたいって言ってたんだね(笑)。

一一コラボの話は、当時からあったんですか。

BOSS:一緒に何か作ろうっていう話は、たぶん普通に、どこでも出てくる酒の席の話として昔からあったよね?

TOSHI-LOW:うん。俺らもやりたかった。ただ、具体的にやろうってなったのは3年前だよね。札幌行った時、スープカレーの店連れてってもらったのよ。その時に最初のリリックもらったんだよね。書かれてる内容は今とはだいぶ違うんだけど。

BOSS:そうだね。でもテーマは最初からこれだった。

TOSHI-LOW:ただ俺らとしては、どういうサウンドにしたらいいのか頭が全然まとまらなかった。自分たちが得意な音とBOSSの声があって、どうやったら喧嘩しないで作れるか。やっぱり作るならいいもの作りたいじゃない?

一一ハードで男臭いBRAHMANの音と、囁くように迫ってくるBOSSの声は、ただ正面から掛け合わせても面白くないのではないか、と。

TOSHI-LOW:そうそう。90年代のラウドロック✕ヒップホップのミクスチャーみたいになっちゃうのは避けたかったし。だったらむしろOAU(OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)の静かな音のほうがいいんじゃないか、とか考えちゃって。

BOSS:「ピアノ練習する」とか言ってたよね(笑)。

TOSHI-LOW:「オーケストラのほうが合うんじゃねぇか?」とか(笑)。よくよくリリック読んだら全然そんなんじゃないんだけど(笑)。

BOSS:俺的にはTOSHI-LOWがちゃんと受け取ってくれて、真面目にどうやろうかって考えてくれてるんだなって感じてはいたよ。

一一そこからしばらく止まっていた話が、一気に動き出したのが昨年の暮れですよね。

TOSHI-LOW:うん。いきなり「あれはお前らのこと書いたわけじゃないからな?」って意味深なメールが来たの。ほら、BOSSはOLEDICKFOGGYとコラボやったじゃない? あの曲の最後に〈やらねぇなら もう待たせんな〉みたいなリリックがあって。「あれはBRAHMANのことじゃないから。違うからね」って。こっちは全然、そんなこと考えてもみなかったんだけど(笑)。

BOSS:でもいろいろ勘繰られたら嫌だからさ。この業界、一番怖いのは勘繰りなの。ほんとにそうは思ってないのに、下手に勘繰られちゃってグチャグチャになってきたこと、もう数え切れないくらいあるから。気になった状態のまま年を越したくなくて(笑)。でも、そのメールによってTOSHI-LOWがちょっとメラッときて、「やろうよ!」ってなったのは俺にとって予想外だった。

TOSHI-LOW:まず、待たせてるうえにそんなメールを送らせてしまったことが心から申し訳なかったし、その思いのまま、本気でどうやったら具体化できるか考えたの。それまでピアノがいいとかオーケストラだとか思ってたけど、でも、今やりたい、じゃあ今自分の掌にあるものを使うしかないってことをようやく考え出して。そしたら、今の自分たちが持ってるものは3年前と同じではなかったわけ。ちょうど作りかけのちょっとブルージーな曲があったから「この曲にBOSSの声が乗ったらどう思う?」っていう話をみんなにして。したら、みんな一瞬でグワッと火がついて。そこからは早かったよ。

BOSS:うん。TOSHI-LOWからトラックが送られてきて、俺も「あ、これでやろう」ってスンナリ入ってきた。

一一リリックのテーマは3年前から決まっていたそうですが、なぜ、原発事故のことをこのコラボで歌おうと?

170407_ld_boss.jpeg

ILL-BOSSTINO

BOSS:自分でもそういう曲を歌ってはいるし、まぁ届いていないとは思ってないんだけど。でも、やっぱTOSHI-LOWたちは『東北ライブハウス大作戦』も含めて、音楽に限らず物資も送ったり、ダイレクトに地元と繋がってるから。そういう人たちのライブや行動自体がすごくインスピレーションになったし、俺ももっと踏み込んだ言葉を発してみたいってずっと思ってた。お互いカウンターカルチャーの音楽をやってるし、同じ方向を見てることも何年も前から知っていたので。今、どんどん問題が風化していく中で、ここで一発、正真正銘本物のメッセージってやつを叩きつけてやりたい。それをやるならBRAHMANとやるのが一番エネルギーも放出されるし、このチャンスを逃したくないって、俺自身が強く思ってたから。

TOSHI-LOW:俺もそう。だってウチとBOSSでやって〈ゴハン何でしたか?〉みたいな歌詞だったら、もうアウトだと思うよ(笑)。

BOSS:それで『サザエさん』みたいな曲になってたら……それはそれで凄かったけどね(笑)。そういう振り幅、なかったねぇ。

TOSHI-LOW:ないねぇ〜(笑)。

BOSS:俺らの限界はそこだった(笑)。

一一ここで笑えてるから、大丈夫です(笑)。

TOSHI-LOW:でもさ、3年前にもらった最初のリリックは、もっとエグいというか、より明確に原発反対って書いてたの。それこそ〈全員吊るし上げろ!〉〈闘って全部ぶっ潰そうぜ!〉ぐらいに感じられるものだった。でも「ラストダンス」はそれだけじゃなくて、廻り廻って自分たちのことを見つめているし、賛成反対を超えたうえで今を生きてかなきゃいけないってことが書かれていて。だから、あれから何年か経ったことが良かったんだと思う。もちろん問題は何も変わらずそこにあるんだけど。

BOSS:それを受け止める人間の変化だよね。最初のある種のショック状態から、より複合的に見れるようになった。だからこれは6年目のメッセージだね。6年目の原発事故に対しての言葉。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版