>  > ラックライフが人生賛歌を歌う理由

『Life is beautiful』リリースインタビュー

「幸せになろうなと言い続けたいし、幸せでありたい」ラックライフ PONが“人生賛歌”を歌う理由

関連タグ
ラックライフ
JPOP
ROCK
バンド
田口俊輔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラックライフが3月15日、バンドの結成日に待望のメジャーファーストフルアルバム『Life is beautiful』を発売する。実に前作の『正しい僕の作り方。』から約2年半という長い時を費やした今作は、洗練されたバンドサウンド、冒険心溢れるビートアプローチに、新機軸となるサウンドメイキングに挑戦と、過去最高にスリリングでキャッチ―なポップでグッドミュージックに仕上がった。メジャーデビュー以降、心身共に益々研ぎ澄まされ続けている彼らの“今”が切り取られたと自信作と言えよう。

 そしてボーカル・ギターにして、バンドの作詞・作曲の全てを担当するPONの中にも一つ大きな変化が生まれた。前回のインタビューにて「自分であるために歌う」と公言していた彼の言葉は、今作で聞き手である“あなた”への実直な想いへと変化した。「人生は美しい」と迷いなく謳う彼の実直な言葉が、全編に渡り貫かれたインタビューとなった。(田口俊輔)

「『サニーデイ』を一生歌い続けられたら、人生勝ち」

――『Life is beautiful』と、これ以上ないほどストレートなタイトルを冠しましたね。

PON:ド直球すぎですよ(笑)。バンドを始め、メジャーデビューし、メジャー初のアルバムを出すのに現に9年もかかってしまった。本来の予定ではもっとはよう売れてる予定やったんですけどね(笑)。人生とは上手にはいかないもので、「ダメやなぁ……」と挫けそうになったことも。そういう悲しさ、悔しさを経て、今はめちゃくちゃ心身ともに幸せな時間を過ごせていて。紆余曲折に紆余曲折を重ねてきた。それでも、こんなに美しい人生はないんじゃないかな?と思うぐらい今の環境が素晴らしく良くて。そんな自分史上最高のタイミングでアルバムを出せる喜び。だからシンプルにこれまでやってきた「色々あったなぁ」を凝縮して「Life is beautiful」にしました。直球すぎるのも、今ちゃんと幸せだと思っているからこそ。胸を張って素直に付けました。他にも候補があったんですけど、これしかないなぁと。

――因みに他の候補とは?

PON:「Wonderful Life」(笑)。もしくは「ラックライフ」にする? なんて話も出たんですけど、「それはどないなん? 今更『ラックライフ』にすんの、絶対に変やなぁ……よし、止めよ!」と却下しました。バンド名って、どういうタイミングでアルバムにつけるんでしょうね?

――「セルフタイトルのアルバム、どのタイミングで出すか」問題ですね。

PON:自分らの名前をアルバムに付けるということは、めっちゃ気合が入った証拠じゃないですか。じゃあ、「それ以前それ以降は気合入ってないの?」ということになると、絶対そんなわけないし。もう付けるタイミングはないかもしれないですね。

――今作は新録曲が8曲。タイトなスケジュールの中で、これだけ用意するのは大変ですね。

PON:全曲このアルバムのために書き下ろしたから、そりゃあもう、たまったもんじゃないですよ!(笑)。曲は練って練って、こねくり回しまくって(笑)。だからめっちゃ手ごたえを感じています。完成後、「こんな幸せなことあるか!?」と思うぐらいハッピーやったんで。

――前回の取材で、次のアルバムを作る時には、一番成長した自分たちの姿を入れられたら、ということを仰っていました。それを冒頭の「サニーデイ」で示してくれました。

PON:新機軸中の新機軸。最新のラックライフですよ!

メジャー1st Full Album「Life is beautiful」リード曲サニーデイMV Full ver.

――ホーンセクションとピアノが全編に渡り鳴響くアレンジに加えて、これぞメジャーコードという溌剌としたポップミュージック。今まで4人だけの音にこだわり紡いできたラックライフからは想像もつかない、大胆な音作りになっています。

PON:まず4人でのアレンジがガッツリと決まった状態で、スタッフさんに「ホーン、入れてみない?」と言われて。最初はかなり戸惑いました。新しいことに挑戦することは好きなんですけど、いざやると最初は恐怖を感じて。まず自分たちの音の上にホーンセクションが乗ること自体想像できないし、どうやって音が付くのかと。しかもガッツリ固めた状態やし、入れる隙間ないやろうと思いましたし。何よりみんなに「ホーン入れるんやけど、どうする?」と聞くのに戸惑いましたから。それが聞いてみるとノリノリで「ええやん!」と返されて。そんなにアッサリと受け入れるのかと、逆にビックリしました(笑)。俺が一番「メンバーはどう思ってるんやろ?」と、敏感やったかもしれません。

――ホーンのためにアレンジを変更したりは?

PON:それが全然変えてなくて。まず4人で作った音の上に追加してもらう形やったんです。完成品を聴いて、おぉっと素直に驚いて、「いいですやん!」とリアクションしたら、「なんならピアノ入れる?」とさらに提案されて、「いいですねぇ!」と。モリモリにやってこ、みたいなノリで作って行ったらこういうド派手な感じになりました(笑)。楽曲に何かが加えることで、幅が広がるんやと感動したし、むしろ昔こんな曲作ってたような気がする……というくらい、スンナリとラックライフの音になりました。“めちゃくちゃいい曲”と胸張って言えますね。どの曲をリードにするか、作りながら悩んだんですけど、「サニーデイ」が完成した瞬間、迷いなくこれに決めました。曲はモチロン、歌詞のテーマがラックライフらしくて、一発で好きになってもらえる曲やと思っています。

――<きれいごと、理想なんとでも言えよ 本当にそう思うから歌うのさ>というラインは特に、覚悟を感じました。

PON:もう、半ギレのテンションですよ(笑)。言わずして「ラックライフの歌全てが、俺の本当の気持ちやから」と伝わればいいんですけど、中々人には伝わらない部分もあって。口に出したらダサいというのはわかってますけど、「この場を借りて言わせて!」と。これまで色んな感情を込めて歌を作ってきたけど、「サニーデイ」が俺らの気持ちを全て語ってくれている。「この曲を一生歌っていけたら、俺ら勝ちやな!」と思いました。色々しんどいことあるけど、幸せになろうなと言い続けたいし、幸せでありたいし。だから、「サニーデイ」歌わんくなったら、解散が近いんやなぁと察してください(笑)。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版