>  >  > 『FNS歌謡祭』アイドルコラボの見どころ

『FNS歌謡祭』2016年アイドルコラボへの期待 11組116名集結メドレーの見どころ

関連タグ
AKB48
SKE48
NMB48
℃-ute
私立恵比寿中学
乃木坂46
モーニング娘。
ももいろクローバーZ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月14日に『2016 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)が放送される。

 今年の『FNS歌謡祭』は2週連続での放送となり、前週12月7日放送の「第1夜」では、グランドプリンスホテル新高輪「飛天」から華やかなショーが繰り広げられた。「第2夜」はお台場フジテレビより、38の共演がパフォーマンスされる。その中でも注目したいのが、11組116名によるアイドル大集結メドレーだ。

 振り返ると、昨年の『2015FNS歌謡祭 THE LIVE』での企画「アイドル・コラボレーション・メドレー」を皮切りに、森高千里、渡部建が司会を務める『FNSうたの夏まつり』を含めた同局の大型音楽特番での“アイドルコラボ”に大きな期待が抱かれるようになった。始まりはAKB48グループ、坂道シリーズ、ハロー!プロジェクト、スターダストのアイドル総勢99名が集結したコラボ。ハロプロとAKB48初共演での「LOVEマシーン」や、この日がテレビ初パフォーマンスとなった欅坂46が、乃木坂46やAKB48と「制服のマネキン」を歌い踊り、コラボ終盤ではAKB48とももいろクローバーZが初タッグ。歌詞をアレンジしながら「大声ダイヤモンド」、「行くぜっ!怪盗少女」と互いの楽曲をカバーし合い、ラストは99名による「恋するフォーチュンクッキー」で大団円を迎えた。

 今夏放送の『2016 FNSうたの夏まつり』では一夜限りのグループ「48&46ドリームチーム」が結成され、欅坂46の楽曲「サイレントマジョリティー」を披露。2列目に指原莉乃、柏木由紀、1列目に白石麻衣、西野七瀬、両脇に山本彩、渡辺麻友を据えた生駒里奈がセンターを務めた。各グループを代表する16名による緊張感と気迫に満ちたパフォーマンスは大きな反響を呼び、放送後iTunesランキングでは「サイレントマジョリティー」が64位から6位まで急上昇した。

 今回の放送に現在ラインナップされているのは、五十音順にAKB48、SKE48、NMB48、℃-ute、欅坂46、私立恵比寿中学、乃木坂46、ふわふわ、モーニング娘。’16、ももいろクローバーZ、森保まどか(HKT48)の11組116名。オフィシャルホームページには、「アイドルコラボメドレー2016」と題してコラボの組み合わせリストが紹介されているが、11月26日放送の『FNS歌謡祭SP!!』内で企画詳細が明かされている。

      

「『FNS歌謡祭』2016年アイドルコラボへの期待 11組116名集結メドレーの見どころ」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版