>  >  > 欅坂46がアイドル・シーンを席巻した理由

宗像明将のチャート一刀両断!

2016年は欅坂46の年だった 彼女たちがアイドル・シーンを席巻した理由

関連タグ
JPOP
アイドル
チャート一刀両断!
宗像明将
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2016年11月28日~2016年12月4日のCDシングル週間ランキング(2016年12月12日付)(ORICON STYLE)

 2016年12月12日付の週間CDシングルランキングの1位は、欅坂46の『二人セゾン』。今年デビューしたグループですが、初登場1位を獲得することにもはや何の違和感も抱かない存在です。デビュー・シングル『サイレントマジョリティー』、セカンド・シングル『世界には愛しかない』に続く3作連続の初登場1位。しかも、『サイレントマジョリティー』の推定初回売上枚数が約26万枚、『世界には愛しかない』の推定初回売上枚数が約32万枚だったのに対して、『二人セゾン』の推定初回売上枚数は約44万枚と、さらに枚数を増やしました。

 「二人セゾン」は、作曲はSoichiroK/Nozomu.S、編曲はSoulifeの名義になっていますが、作編曲はともに河田総一郎と佐々木望によるSoulifeによるものです。Soulifeは、これまでも乃木坂46や欅坂46に楽曲提供をしてきました。その一方、Soulifeは2010年につばさレコーズからデビューしているので、いわばBiSの先輩格であると考えると思わず「人に歴史あり」と感じてしまいます。Soulifeは井上苑子にも楽曲提供をしていますが、これもつばさエンタテインメントとの関係によるものでしょう。アイドル方面では、岡山のアイドルグループ・S-Qtyにもかつて楽曲提供をしていました。

 Soulifeによる「二人セゾン」は、Bメロの凛としたメロディーが印象的です。そして、譜割りが細かいBメロから、サビへの開放感が大きな魅力になっています。サウンドはアコースティックな感触で、その中でもストリングスやコーラスワークが大きなアクセントに。メロディーもサウンドも「品格」を感じさせます。

 「二人セゾン」のMVやテレビでのパフォーマンスも見ましたが、一糸乱れぬ動きを強調する要素は薄くなり、これまで以上に躍動感を押しだしているのが印象的でした。さらに、今回は平手友梨奈のソロ・ダンスがあり、狂おしいほどに踊る姿が鮮烈です。そして、グループとしてもっとも視覚的な快楽があったのは、その平手友梨奈のソロ・ダンス後に、全員が前方に直進してくる光景でした。その動きだけでも美しいのです。

 カップリングの「大人は信じてくれない」は、アコースティック・ギターとともにエレキ・ギターも響き、ロック色が強いサウンド。盤種ごとのカップリングを聴いていくと、TYPE-A収録の「制服と太陽」は、楽曲もサウンドも「二人セゾン」に近い爽やかでアコースティックな感触です。TYPE-B収録の「誰よりも高く跳べ!」は、ブラスセクションやストリングスに彩られたブラック・ミュージック色が濃いサウンド。ファンキーになりすぎないギリギリのラインを攻めているのですが、終盤のキーボードはかなりディスコな感覚です。TYPE-C収録の「僕たちの戦争」は、緊張感のあるメロディーに貫かれており、特にAメロはラップが始まったのかと思ったほど細かい譜割り。通常盤収録の「夕陽1/3」は、冒頭のエレキ・ギターから歌謡曲テイストで、ノスタルジックな感覚に包まれています。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版